北海道で珍しい狛犬が居る!伊達神社に行ってみた

明治2年、伊達邦成公(旧藩主)は北海道有珠郡支配を命ぜられ、宮城県宇田、亘理両郡の旧臣を率いて当地に移住し開墾の業を進めた。
明治6年まで移住者が相次ぎ、ついに500余戸に達しました。
明治8年7月神殿を建立
昭和48年には、伊達神社と社名を改め奉り現在地伊達市末永町に御移遷、大いなる御神徳を仰ぎ現在に至る。
御神祭は
武甕槌命(たけみかづちのみこと)
経津主命(ふつぬしのみこと)
幸御魂命(さちみたまのみこと)
伊達邦成命(だてくにしげのみこと)
田村顯允命(たむらあきまさのみこと)

若き世代のアイディア

本殿

最近の北海道の若い神職さん達は情報を交換して新しいことを始めています。
札幌を中心に地方でも夏の花手水(手水舎に花が生けられている)、神社巡り企画、限定ご朱印など活性化していますね

コロナ収束を願うマスク

マスクをする狛犬

神社によって狛犬にマスクをしているのをあちこちで見かけることがあります。
子供にもわかりやすいように人気漫画のイメージ模様で作られているマスクはとても評判でSNSなどで広がったようです。
日本のアニメと神社が融合していてなんだか嬉しくなりますね
実はこちらの狛犬は珍しいのです。
別名エイリアン狛犬とよばれていて迫力があります。
マスクを取ると!

エイリアン狛犬

普段の狛犬

以前撮影した写真を見ますとやはりエイリアンみたいですね!
マスクの下に隠された迫力のある顔が凄いです!

花手水

花手水

近年、札幌でも広がっている花手水
神社好きはもちろんのことカメラ女子も撮影の為に巡ったりしているそうです。
地方のあちこちにでも見られることがありますね

冬の花手水

夏の時期に花手水は活発にされていましたが
冬には北海道ならではの凍ることを利用した花手水
とても芸術的でずっと眺めていたくなります。

何度も参拝したくなる御朱印

御朱印の見本

御朱印は2ヶ月ごとに種類が変わっています。
御朱印はスタンプラリーではないのできちんと参拝してから頂くようにお願いいたします。

素敵な御朱印帳

御朱印帳

1年ほど前にオリジナル御朱印帳を作成しました。
3社類あり、どれも素敵な色合いです。
どれにしようか悩んじゃいますね(笑)
自分のスタイルで神社巡りをされて見ませんか?
新しい発見があるかも知れませんよ

伊達神社
所在地 〒052-0021 北海道伊達市末永町24-1
電穂 0142-23-3585