【OMO7旭川】「旭川まちなか焚き火Bar」9月1日~期間限定開催!旭川家具に囲まれて北海道ワインやチーズを楽しもう

2022年7月31日 20:00 326 Views
Avatar photo

サツッター編集部

「OMO7(おもせぶん)旭川 by 星野リゾート」で旭川家具に座りながら北海道ワインやチーズを楽しむ「旭川まちなか焚き火Bar」が9月1日より期間限定で開催されます。


旭川を楽しみ尽くす都市ホテル「OMO7(おもせぶん)旭川 by 星野リゾート」は、2022年9月1日~11月30日まで、まちなかで旭川家具に座りながら焚き火を楽しめる「旭川まちなか焚き火Bar」を開催します。OMO7旭川の5階にある屋外スペースに焚き火を設置。焚き火を囲み、北海道のワインを片手に秋の夜長を楽しめるイベントです。椅子やワイングラスなどのカトラリーは、世界からの注目も集める「旭川家具」を使用。ちょっと大人なひとときを過ごすことができます。

背景

夏の暑さが落ち着き、過ごしやすくなる秋。「秋の夜長」という言葉があるように、秋が深まるにつれ夜が長く感じられる季節です。肌寒さを感じる秋は焚き火で温まるのにぴったり。そこで、都市でありながら焚き火を囲むという特別感のもと、ゆったりと秋の夜長を過ごしてほしいという思いから本イベントの開催に至りました。焚き火を囲むのは、旭川の地場産業である旭川家具の椅子。上質な旭川家具に座り、旭川の街並みを眺めながら夜を過ごすという旭川らしい秋の過ごし方の提案です。

【特徴1】旭川家具の廃材を使用した焚き火を楽しむ開放的な空間

OMO7旭川の5階にある屋外スペースを開放し、焚き火とお酒が楽しめるエリアに設えます。見渡す先にはビルやマンションが並ぶ街の中心で、火の温もりを感じられる焚き火を設置した空間で非日常を感じることができます。焚き火に使用する木は、種類によって香りが異なる旭川家具の廃材を使用。焚き火を眺めながら、木の香りも一緒に楽しめる空間になります。

【特徴2】旭川家具の椅子に座りながらゆったり過ごす

焚き火を囲む際の椅子は、日本の5大家具産地のひとつである旭川家具を使用します。ひとつひとつ座り心地が違うため、座り比べをしながらお気に入りの椅子を見つけることも楽しみのひとつです。焚き火のぬくもりを感じながら、上質な座り心地の椅子でゆったりと夜を楽しむという贅沢な体験になること間違いなしです。

【特徴3】旭川家具のワイングラスやカトラリーで北海道のワインやチーズを楽しむ

焚き火を楽しむお供は、北海道産のワインとご近所にある「Japacheese asahikawa」のチーズを一緒に楽しむことができます。提供の際は、旭川家具のワイングラスやカトラリーを使用。なめらかな触り心地のワイングラスやカトラリーでさらに上質な時間を演出します。ワインとチーズの味わいと焚き火の香りを一緒に楽しむことができます。

「旭川まちなか焚き火Bar」概要

期間2022年9月1日~11月30日
時間17:00~23:00(日帰りの際は、17:00~20:00)
料金800円~(税込)
定員20名
対象宿泊者、日帰り
予約不要

URL:https://omo-hotels.com/asahikawa/

Web担当者は忙しい こうなる前に、頼ろう。
Avatar photo

サツッター編集部

サツッター編集部です。様々な記事を発信していきます。卒業したライターさんの記事もこちらになります。

このライターの記事一覧
サツッターのTwitterはこちら