「lether & bake KONOMICHI」のスコーンを食べてみた

札幌市南区常盤にある焼き菓子屋さん「lether & bake KONOMICHI」さん。焼き菓子大好きもぐもぐが焼き菓子をお迎えに行き、スコーンを食べてみました!

はじめまして!もぐもぐです!

こんにちは!もぐもぐと申します!
札幌を中心に美味しいものを、食べまくって飲みまくっています!
今日からその様子を皆さまにお伝えしていきます!
これからどうぞよろしくお願いします!

札幌市南区常盤にある焼き菓子屋さん「lether & bake KONOMICHI」さんへ

もぐもぐは、何を隠そう無類の焼き菓子好き。
そして、その焼き菓子の中でずば抜けて好きなものがある。
そう、スコーン。

近所にいろんな種類のスコーンがある焼き菓子屋さんができたという情報が!
まさか徒歩圏内にそんなお店が!?願ったり叶ったりということで
さっそく大好きなスコーンをお迎えに行ってきた。

「lether & bake KONOMICHI」は札幌市南区常盤にある焼き菓子屋さん。

店内に入ると素敵な店主さんと数種類の焼き菓子たちが私たちをお出迎えしてくれる。

元々お菓子作りが好きで、趣味だったという店主さん。
とくに焼き菓子は、食べるのも作るのも好きで、その中でもスコーンは特別に大好き。
「もっと気軽にスコーンをみんなに食べてみてほしい!」という想いから
2020年5月から革製品と焼き菓子のお店としてスコーンや
マフィン、キャロットなどの焼き菓子を販売するようになった。

北海道産の小麦を使用したKONOMICHIのスコーンは全て卵不使用。
スコーンといえば水分がないと飲み込みづらいとイメージしている人も多いはず。
しかし、KONOMICHIのスコーンは飲み物がなくても
食べやすい食感を目指して作っているという、こだわりと愛情たっぷりのスコーンだ。

話題になったきっかけは「Instagram」

「#札幌スコーン」のハッシュタグからInstagramでKONOMICHIの
スコーンを紹介したゲストの投稿からフォロワーへと話題になり、集客につながった。

11時のオープンとともにゲストが訪れクローズの17時までには完売する日も多いとか。
オープン当初は1時間、最近でも2時間で完売になるほどの人気店。
日々の営業の様子は、店主さんがInstagramを更新してくれるのでチェックワンツー。

一番の人気メニューは「あんバター」、次いで「生クリームスコーン」。
そして、「週替スコーン」は、毎週楽しみにしているゲストが多いという。

そして!

この日、もぐもぐと一緒に帰宅した焼き菓子は!

・生クリームスコーン
・キャロットケーキ
・あんバタースコーン
・クリームチーズラムレーズン
・チョコナッツスコーン

のラインナップ!

スコーンが入った袋を抱えながら家路につくのであった。

ちなみに!

好きな¥250のスコーン5個で¥1,200のスコーンセットという
お得なセットもあるのでチェックワンツー!

おうちカフェにぴったり、充実したステイホーム!

家に到着したら、まずは手洗いとうがい、アルコール消毒。

もぐもぐカフェの準備をする。

美味しい焼き菓子には、美味しいコーヒーは欠かせない。
お湯を沸かし、コーヒー豆を挽き、自分なりのスペシャルティを淹れる。

ブラックコーヒーと生クリームスコーンの相性は最高。
ささやかなおうち時間を充実したおうちカフェタイムに彩ってくれる。

気になった方はぜひチェックワンツーしてみてくださいね。

店舗情報
店名:lether & bake KONOMICHI
場所:札幌市南区常盤6条2丁目107―18
営業時間:11:00〜17:00
定休日:月曜、金曜、第1、3日曜日
INFO:取り置き可能


PR

「いたたた…!」エルセーヌのエステ体験行ってみた!【画像あり】