森のために湖池屋ができること 木製コースタープレゼントキャンペーン実施中! 8月7日〜20日まで

2023年8月10日 15:00 78 Views
アバター画像

サツッター編集部

株式会社湖池屋が2009年から実施している北海道南富良野町の町有林で森林保全活動において、森林整備で発生した木材(間除伐材)を使ったオリジナル木製コースターとじゃがいも心地各種をセットで当たるキャンペーンを開催中です!応募期間は8月7日〜21日まで。応募詳細はこの記事の下を参照してください。(コメント:編集部 SHIHO)


株式会社湖池屋(本社:板橋区/社長:佐藤章)は、環境活動の一環として、2009年から北海道 南富良野町の町有林において森林保全活動を実施しています。この度、森林整備で発生した木材を再利用することで、日本の豊かな森を守っていきたいという想いから、間除伐材を使用したオリジナル木製コースターと、じゃがいも心地各種がセットで当たるキャンペーンを実施します。

湖池屋の森林保全活動は、北海道がコーディネーターとなり道内の森林整備を進める、「ほっかいどう企業の森林づくり」の取り組みとしてスタートし、現在は南富良野町と連携して活動を行っております。活動当初は、このエリア一帯を『湖池屋の森』と名付けておりましたが、2021年9月からはじゃがいもの一大産地である北海道で生まれたブランド「じゃがいも心地」の名前を使用して、「じゃがいも心地の森」と改名し、環境への取り組みを強化しています。

「じゃがいも心地の森」のように、人の手で種を蒔いたり、苗木を植栽して育てている森を「人工林」と呼びますが、このように人が作った森林は、適切に管理して手入れをする必要があります。植林するだけでなく、成長した木を伐って新しい木を植え付けるといった流れを繰返すことで、理想とされる「循環型」の森が出来上がるのです。しかし、こうした森林整備の過程で発生した「間除伐材」が近年、有効利用されずに廃棄されてしまうという事例が発生しています。湖池屋では、これらの木材を“再利用”すべく、この度「じゃがいも心地の森」の間除伐材を使用したオリジナル木製コースターを作成いたしました。

今回のキャンペーンは、「じゃがいも心地の森」に対する湖池屋の想いや背景をまとめたweb記事をお読みいただき、こちらの記事をシェアしていただくことで、ご応募できる形式となっています。記事を通して「じゃがいも心地の森」のことをより深く知っていただいた上で、森から生まれたオリジナル木製コースターと、じゃがいも心地各種が当たるキャンペーンにぜひご応募ください。

キャンペーン詳細

タイトル

森のために湖池屋ができること 木製コースタープレゼントキャンペーン

応募方法

  • STEP1:湖池屋 コイケヤ【公式】(@koikeya_cp)をフォローしてください。
  • STEP2:コイケなおやつ部に掲載されているキャンペーン記事内にある「記事をシェアする」ボタンを押していただくと、Twitterの投稿画面が立ち上がりますので、そちらから記事の感想をいれてシェアしてください。

フォローはこちら
https://twitter.com/koikeya_cp

キャンペーン記事はこちら
https://koikeya.co.jp/oyatsu_review/2023/08/koikeya-purepotato-forest.html

応募期間

2023年8月7日(月) ~ 2023年8月20日(日)

プレゼント賞品(100名様)

  • 木製コースター:1枚
  • じゃがいも心地 オホーツクの塩と岩塩:2袋
  • じゃがいも心地 禁断の生ハム:2袋
  • じゃがいも心地 伝説のペッパーと岩塩:1袋
  • じゃがいも心地 トリュフと岩塩:1袋

上記をセットにして、抽選で100名様にお送りいたします。

syushu inc.
アバター画像

サツッター編集部

サツッター編集部です。様々な記事を発信していきます。卒業したライターさんの記事もこちらになります。

このライターの記事一覧
サツッターのTwitterはこちら