【札幌パークホテル】北海道のシンボル「北海道庁旧本庁舎 赤れんが庁舎」氷彫刻展示

2023年1月29日 9:00 217 Views
アバター画像

サツッター編集部

札幌パークホテルでは、ホテルエントランス横に1月25日から2月28日までの期間限定で、「北海道庁旧本庁舎 赤れんが庁舎」をモチーフにした氷の彫刻を設置しています。観光の方は、ホテルでも雪まつり気分を楽しめますね!


株式会社グランビスタ ホテル&リゾート(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:須田貞則)が経営する、札幌パークホテル(札幌市中央区、総支配人:荒木田康)は、2023年1月25日(水)~2月28日(火)の期間、ホテルエントランス横チャペル側スペースに、冬のおもてなしとして「氷彫刻」の設置をいたします。

今年は、3年ぶりにさっぽろ雪まつりの会場での開催があり、多くの観光客の来札が予想されています。札幌パークホテルでは、ホテルにご来館されるお客様や地域の皆様に、受け継がれてきたさっぽろ雪まつりをお愉しみいただきたく、氷彫刻の展示をいたします。

今年のモチーフは、「北海道庁旧本庁舎 赤れんが庁舎」。1888年に建てられ重要文化財として国の指定を受けた北海道を代表する歴史的建造物ですが、2022年11月7日(月)~2025年2月17日(月)まで大規模改修工事を実施しているため、現在は直接見学することができません。当ホテルでは、改修期間も観光などで北海道を訪れる多くの皆様に、「赤れんが庁舎」をお愉しみいただきたく、氷彫刻として展示を行うことといたしました。

冬の札幌を満喫いただき、思い出のひとつとして、ぜひ多くのお客様のご来館をお待ち申し上げております。

札幌パークホテルは、ブランドステートメント「地域の価値で、未来を変えていく。」のもと、札幌市の国際水準ホテルとして皆様に支持される地域一番館を目指し、人々の生活を豊かにできるよう地域文化の向上に務め、さまざまな活動を続けてまいります。

改修工事前の「北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎)」

札幌パークホテル 氷像制作・展示 概要

展示期間2023年1月25日(水)~ 2月28日(火)
※天候により撤去日が早まる場合がございます。
展示時間展示期間中の終日
観覧料無料
制作氷像内容北海道庁旧本庁舎 赤れんが庁舎
展示場所ホテル正面玄関横チャペル側スペース
制作協力NPO法人日本氷彫刻会北海道地方本部札幌支部
Web担当者は忙しい こうなる前に、頼ろう。
アバター画像

サツッター編集部

サツッター編集部です。様々な記事を発信していきます。卒業したライターさんの記事もこちらになります。

このライターの記事一覧
サツッターのTwitterはこちら