「美女と野獣」。
物凄くストレートなタイトルですよね。
言わずと知れたディズニーの名作です。(元はフランスの民話だそうなので、「ディズニーの」というと語弊があるかもしれませんが。)
その「美女と野獣」が実写映画化されるということで、さっそく観て来ました!

内容については、説明しなくても皆さんご存知のことと思いますが、念のため。
豪勢な暮らしをする美しくも傲慢な王子が、ある日、魔女の呪いで恐ろしい野獣の姿に変えられてしまいます。
呪いを解くには、魔女が残した一輪のバラの花びらがすべて落ちるまでに、誰を愛し愛されなければなりません。
しかし王子は今や醜い野獣の姿。
すっかり希望をなくし、朽ちかけの城に引きこもる王子の元に、転機が訪れます。
城の麓にある小さな村に住む、美しい娘ベルが、城を訪れてきたのです。
王子と同じく呪いによって燭台や置き時計などに変えられてしまったかつての城の使用人たちは、呪いを解くのは彼女かもしれないと張り切ります。
ベルは野獣を愛するのか、王子の呪いは無事に解けるのか――

ミュージカル・アニメーションの実写化ということで、どんな感じになるのか気になっているかたもいるのではないでしょうか。
筆者もドキドキしながらチケットを購入しました。(笑)

結論から言いますと、アニメーションのイメージ通りの出来上がりでした!
ディズニー・プリンセスでベルと言えばあの黄色のドレスが印象的ですが、実写版のドレスの美しいこと。
ベルを演じるエマ・ワトソンも始終美しく、もちろんドレスも似合っています。
ドレスの裾をはためかせながらのダンスシーンは、必見です!

ミュージカルということで、歌の方も気になるところですが、こちらも問題なし。
役者さん本人の歌声で収録しているそうですが、歌唱力も充分です。
エマの歌声はこれまで聴いたことがなかったのですが……あれだけ美しくて歌も上手いだなんて……!

エマの歌声はこちらで聴けるので、気になるかたはぜひ見てみてください。

個人的には、ルーク・エヴァンス演じるガストンがとても印象的でした。
いわゆる悪役なので、結果はお察しなのですが……。
なんとも言えない、魅力があるキャラクターなのです。
アニメーションで見た時には感じなかった感覚なので、これは役者さんの魅力なのかもしれませんね。

実写版では、アニメーション版にはなかったエピソードが組み込まれているので、そちらも楽しめます。
違いを確認するために、アニメーション版を改めて見たくなりました。

気になりつつも観るのに躊躇っているかた、きっと後悔はしませんよ!

「美女と野獣」は「札幌シネマフロンティア」と「ユナイテッド・シネマ札幌」で上映中です。

札幌シネマフロンティア : http://www.cinemafrontier.net/cgi-bin/pc/index.cgi
ユナイテッド・シネマ札幌 : http://www.unitedcinemas.jp/sapporo/index.html