【北海道日高町の発明的チーズケーキ】季節限定!春ときめくイチゴづくしのチーズケーキ「CHEESE WONDER RED」登場!オンラインショップと『COBI COFFEE AOYAMA』にて3月25日より販売開始

2022年3月24日 251 Views

サツッター編集部

株式会社ユートピアアグリカルチャー(本社:北海道沙流郡日高町、代表取締役社長:長沼真太郎)は、2022年3月25日(金)より春ときめくイチゴづくしのチーズケーキ「CHEESE WONDER RED(チーズワンダーレッド)」の販売を開始致します。本商品は自社オンラインショップ及び表参道にあるCOBI COFFEE AOYAMAにて、2022年3月25日から販売します。(※販売日及び販売数は製造状況に応じて変更の可能性があります)
また、オンラインショップではメールマガジン登録者限定で3月23日(水)より先行販売を実施致します。

イチゴづくしのチーズケーキ「CHEESE WONDER RED」 商品概要

2021年2月より販売を開始した、“発明的チーズケーキ”「CHEESE WONDER」季節限定プロダクト

商品名

CHEESE WONDER RED(チーズワンダーレッド)

販売方法

1:自社オンラインショップ

https://www.utopiaagriculture.com/products/cheesewonderred/
販売開始 :販売期間/日時:2022年3月25日(金)~2022年6月の毎週金曜日及び土曜日 20時
※メールマガジン購読者限定で毎週水曜日午前10時からも販売いたします。
※メールマガジン登録者限定で3月23日より先行販売を実施致します。

価格 :1箱6個入り3,580円(税込・送料別)
賞味期限 :製造日から16日間
公式instagram:https://instagram.com/cheesewonder_ua
公式Twitter:https://twitter.com/cheesewonder_ua

2:COBI COFFEE AOYAMA

〒107-0062 東京都港区南青山5丁目10−5 第一九曜ビル101
https://bloom-branch.jp/cobicoffee/
TEL: 03-6427-3976
営業時間:11:00-20:00
※新型コロナウイルスの影響により営業時間を変更しております。最新情報はCOBI COFFEEのInstagramアカウントよりご確認ください。

販売期間:2022年3月25日(金)〜2022年4月17日(日)
販売方法:イートイン方式
価 格 :1個600円(税込)

商品特徴

春ときめくチーズケーキ アンバランスなイチゴづくし
チーズワンダーレッドは苺チョコでコーティングしたザックザクのクッキーに、生チーズスフレと苺生チーズムースを乗せ、さらにムースとスフレの間には自家製苺ジャムを入れ込んだ“イチゴづくし“!見た目と味で苺を楽しめます。

1:たっぷり苺を使ったイチゴ四重奏

チーズムースに苺ペーストを混ぜ、クッキーには苺チョコレートをコーティング。ムースとスフレの間には果肉感のある自家製苺ジャムを入れ込み、さらに上から苺パウダーをかけたアンバランスなイチゴづくし
ムースにふりかけた苺パウダーと、クッキーにコーティングした苺チョコレートには、鮮やかな赤色で味のバランスのとれた北海道産苺「ジャンボレッド」をパウダーにして使用。
ムースとスフレの間に挟んだジャムには、やや酸味があり甘酸っぱい味の北海道産苺を選定し使用しています。

2:新開発チョココーティングクッキー

ザックザクな食感を追い求め、クッキー全体にチョコレートをコーティング。柔らかいムースやスフレに食感のコントラストをもたらすため、もっとザクザクとしたクッキーを作れないか、さまざまな試作の結果、クッキー全体をチョコレートでコーティングするチョココーティングクッキーに辿り着きました。
チョコレートの味は主張を控えめに、ほのかに苺が香る優しい味に仕上げた今までにないザックザクのクッキーをお楽しみください。

3:アンバランスを演出するジャムのアクセント

ムースとスフレの間に甘味と酸味が強く、果肉を残した自家製苺ジャムを入れることで味のアクセントを作りました。
ひと口目から最後まで飽きずに楽しんでいただけます。

4:北海道産の苺と、北海道の自社牧場でとれた放牧牛乳と平飼い卵

生チーズスフレやクッキーにはチーズワンダー同様、自社牧場・養鶏場で採れる原材料を使っています。
牛乳は放牧酪農によりお菓子作りに最適な風味豊かなものになります。普通の牛乳との違いは微細かもしれません。それでも、製造背景から地球や動物に優しく、心からおいしさを楽しめるお菓子作りにこだわっています。
今回はさらに、牛乳と卵だけでなく苺も北海道産にこだわり、色味や味のバランスで苺を使い分けて使用しています。

美味しいお召し上がり方

「CHEESE WONDER RED」の美味しさの決め手は、ザクザクのチョココーティングプレスドアーモンドクッキーと生イチゴチーズムース、生チーズスフレの食感との組み合わせ。クッキーが柔らかくなる前に是非お召し上がりください。
※解凍後は当日中にお召し上がりください。

1:全解凍
冷凍庫から出し常温で1時間程度。とろりとしたムースの食感をお楽しみいただけます。
2:半解凍
冷凍庫から出し常温で30分程度。ムースの滑らかさとアイスのような食感の両方をお楽しみいただけます。
3:冷凍
冷凍庫から出し常温で3分程度。アイスのような味わいがお楽しみいただけます。

「CHEESE WONDER」開発の背景

2021年2月に開始した我々の挑戦は放牧牧場の運営と発明的チーズケーキ CHEESE WONDERの販売の二つから始まりました。今回販売するCHEESE WONDER BLACKもこのCHEESE WONDERをベースにしたお菓子です。
美味しいお菓子作りで大切にしているの3つのポイント(フレッシュである、手間をかける、良い原材料を使う)を追求する中で、お客様が食べる時に一番良い状態であること、そして原材料にこだわるということに課題を持っていました。今回この2つの課題を解決し、発明的なチーズケーキが完成しました。

1.「フレッシュさ」の追求

今回のチーズケーキで重要なフレッシュさはチーズムースの食感とクッキーのザクザク感です。オンライン販売を行うために、冷凍配送し解凍して食べるチーズケーキにしたからこそ、お客様が食べるタイミングで一番理想のムースの柔らかさとクッキーのザクザクを実現することができました。
解凍時間によってひんやりアイスからとろりムース食感まで変化する味と食感もお楽しみいただけます。

2.「原材料」の追求

原材料の追求の中で、こだわることが難しいのが乳製品でした。牛乳は販売のプロセスにおいて様々な育て方をされた牛乳が合わせられてしまいます。全ての乳価が均一で買い取られ、品質も混ぜられてしまうため、育て方にこだわるインセンティブが働きにくくなっています。そのため、お菓子作りに合う、最良の牛乳を目指すために自社で牧場運営を始めました。私たちが採用した放牧酪農は、牛にとって健康的な育て方であるだけでなく、酪農で発生する温室効果ガスをオフセットできる可能性があると言われています。

始めたばかりのため、完全にオフセットできるとは限りませんが、ハレの日に食べるお菓子だからこそ、環境にも引け目を取らない作り方を選択しました。自社放牧牧場で作った牛乳でお菓子を作り、その販売した利益を土地に再投資し地球にも動物にも人にも優しい循環を作ることを目指しています。また、卵においても平飼い方式を採用した自社養鶏場で作られた元気に育った鶏の新鮮な卵を使用しています。

ユートピアアグリカルチャーとは

「GRAZE EXPERIMENTS」をテーマに、美味しいお菓子作りのために美味しい原材料を追求した結果たどり着いた放牧による牛乳作りに挑戦している会社です。お菓子は食べなくてもよいものではある、それでも食べたくなるお菓子だからこそ、地球環境に悪影響をもたらさずに心から楽しめる、本当に美味しいお菓子作りを目指しています。

会社概要

社名株式会社ユートピアアグリカルチャー
所在地北海道沙流郡日高町字豊郷916-6
設立平成2年10月12日
事業放牧牧場の運営、乳製品の製造・販売、養鶏場の運営、自社牛乳や卵を使ったお菓子の企画・販売
公式サイトhttps://www.utopiaagriculture.com/

代表取締役 長沼真太郎
2013年に株式会社BAKEを創業し代表取締役に就任。2018年にBAKE退社。スタンフォード大学客員研究員を経て、2020年にユートピアアグリカルチャー社の代表取締役として再始動。

サツッター編集部

サツッター編集部です。様々な記事を発信していきます。卒業したライターさんの記事もこちらになります。

このライターの記事一覧
サツッターのTwitterはこちら