北海道のブドウ畑で生まれたお茶「北海道TEA ワインブドウリーフティ 2022」2月20日より販売開始!

2023年2月19日 8:00 405 Views
アバター画像

サツッター編集部

北海道のブドウ畑で健やかに育ったワイン用のブドウの葉を活用してつくられたノンアルコールのお茶「北海道TEA」の2022年産が、2月20日より販売開始されます。2022年産は、北海道TEA誕生から3回目の生産となるそうです。ワインのように香りと味わいが広がるお茶…気になります!

PATTERN PLANNING株式会社(所在地:北海道札幌市、代表取締役:赤坂 若菜)は、捨てられてしまう健康なブドウの葉から生まれたワインのようなお茶「北海道TEA ワインブドウリーフティー2022」を2023年2月20日(月)より販売します。

ブドウを収穫する前に行う「芽かき」や「除葉」の作業から出る葉を使用している北海道TEA。2022年産は茶葉の産地が「余市町・仁木町・ニセコ町・岩見沢市」にある11のヴィンヤードに増え、より幅広い個性を味わっていただけるようになりました。

北海道TEAとは?

北海道TEAは「土に返されるだけのブドウの葉を何かに活用できないか」という生産者さんとの何気ない会話から開発がスタート。北海道のブドウ畑で健やかに育った葉から生まれた、ワインのように楽しめるノンアルコールのお茶です。

ワイン用ブドウの葉からできたお茶

北海道のヴィンヤード(ワイン醸造用のぶどう畑)で健やかに育った葉を使用。まるでワインのように、香りと味わいが広がります。

サスティナブルな原料

ブドウの生育を促すために行われる、「芽かき」「除葉」といった作業。健康であるのに取り除かれ本来は土に返る葉から、あらたな価値を生み出しています。

ノンアルコール・ノンカフェイン

ワイン用のブドウの葉から作られていますが、アルコールはもちろんカフェインも含まれていません。ふとした休息の時間に、大切な人へのギフトに、シーンを選ばず楽しめます。

酸化発酵により味わいを模索

ベースは紅茶などと同様の、伝統的な製法で茶を作っています。発酵させないハーブティーとは異なる、独特な香りや果実味を表現しています。

詳しい開発経緯や、これまでの試行の過程については、2020年・2021年産のリリースもぜひご覧ください。
・2021年産 https://www.atpress.ne.jp/news/285561
・2020年産 https://www.atpress.ne.jp/news/249356

2022年産の特徴

誕生から3回目の生産となる今年。さらに深くお楽しみただけるように、開発を進めて参りました。

茶葉の産地が11に拡大

茶葉を生産するヴィンヤードの数が11に拡大。さらに味の違いを楽しんでいただけるようになりました。

余市町

  • 余市のぼりんファーム(モンガク谷ワイナリー)
  • Domaine Takahiko ドメーヌタカヒコ -Domaine Mont ドメーヌモン
  • NPO法人北海道エコビレッジ推進プロジェクト(余市エコビレッジ)
  • CAMEL FARM WINERY  キャメルファームワイナリー
  • ☆じきの畑
  • ☆山田堂

仁木町

  • ル・レーヴ・ワイナリー

ニセコ町

  • ニセコワイナリー
  • ☆ラララファーム

岩見沢市

  • KONDOヴィンヤード

※☆=2022年産から追加となったヴィンヤード。

いずれも道内各地で、質の高いワインを生産されているヴィンヤードです。ブドウの葉そのものを育てることは私たちにできませんが、多くの生産者の方々の協力をいただき、健やかな葉が届けられています。

ブランドブックが完成

北海道TEAの魅力をお伝えするために、ブランドブックを制作いたしました。私たちが込めた想いを綴るだけでなく、生産者を始めとした協力者の方々のお話も掲載しています。北海道TEAがどのような人の手で生まれているか、どのような価値を生み出しているか、感じ取っていただけたら幸いです。オフィシャルサイトでも公開しておりますので、ぜひご覧ください。
http://hokkaidotea.jp/news/test/

オンラインショップBASEでは冊子の販売もしております。
https://hokkaidotea.base.shop/items/71279881

商品概要

商品名北海道TEA ワインブドウリーフティー2022
原材料ワイン用ブドウの葉
発売日2023年2月20日(月)
容量50g
金額3,240円

※その他のサイズもご用意しております。

購入方法

北海道TEAは①BASE(オンラインショップ)と②ふるさと納税のいずれかでお買い求めいただけます。

※その他の取り扱い店舗については、随時SNSでご紹介します。

BASE(オンラインショップ)

以下のページからご注文が可能です。
https://hokkaidotea.base.shop/

ふるさと納税

ふるさと納税の返礼品としてもお取り扱いいただいております。ぜひご覧ください。

-ニセコ町
https://www.furusato-tax.jp/product/detail/01395/5331091(ニセコワイナリー)

-余市町
https://yoichi.furusato179.com/product/tea-01/(ドメーヌ・タカヒコ)
https://yoichi.furusato179.com/product/tea-02/(モンガク谷ワイナリー)
https://yoichi.furusato179.com/product/tea-03/(ドメーヌ・モン)
https://yoichi.furusato179.com/product/tea-04/(山田堂)

Web担当者は忙しい こうなる前に、頼ろう。
アバター画像

サツッター編集部

サツッター編集部です。様々な記事を発信していきます。卒業したライターさんの記事もこちらになります。

このライターの記事一覧
サツッターのTwitterはこちら