<動画付き>狸小路で創業40年!名店「カレー料理専門店DELHI(デリー)」のカレーを食べてみた

2022年4月16日 267 Views

サツッター編集長

狸小路の入り口、1丁目にあるカレー料理専門店デリー。小さなお店ですが、昭和57年創業から今年で40年になる名店です。

「カレー料理専門店デリー」店舗外観

定員10名ぐらいの店内は4人がけのテーブルが2台と壁に向かって2席が並び、あちこちにインドっぽい雑貨などが飾られています。

店内の様子
店内の飾り

スープカレーでもルーカレーでもない。デリーのカレー

味のある手書きのメニュー表。カレースープと具をそれぞれ選びます。

メニュー。4種類のカレーソースと4種類の具材から好きなものを選ぶ

「まったく辛くありません。」とコメントが書かれてあるチキンスープとコルマカレーがとても気になりながらも、初訪問なので無難に「一番注文が多い」と書かれているカシミールカレーを注文します。具材はラム肉で。もう一人は辛いものが苦手なので「カシミールが辛すぎて召し上がる自信のない方に」のデリーカレーを、同じくラム肉で注文。

今までに食べたことがない(見たこともない)タイプのカレーが到着。

まずは、カシミールカレーから。黒っぽい茶で、ウスターソースのような色。サラッとしたカレーに、ひとくちサイズのラム肉が数個とにんじん、ピーマン、じゃがいもが乗っています。シンプル。

カシミールカレー(ラム肉)

さらっとしたスープ状のカレーですがスープカレーとは全然違うもの。ルーカレーとも違う、デリー独自の個性的なカレー。スパイスの香りが華やか。シャープな辛さの奥深くにコクがあって、慣れてくるとクセになるような不思議な味わい。辛いカレーは苦手ではなくむしろ好きな方ですが、思ったよりも辛く感じました。頭から汗が出るタイプの辛さ。ラム肉がほろっとやわらかくて美味しい。ラム独特の香りがカレーと好相性でした。

デリーカレーがこちら。カシミールカレーの色を淡くした感じで、見た目はほぼ同じです。

カシミールより辛さも色もマイルドなデリー

カシミールカレーに比べると辛さはマイルドですが、しっかりスパイシーです。

デリーカレー(ラム肉)

注文時は気付きませんでしたが、ひとりでカレーソースを2種類注文すると450円引きになるサービスがあります。チキンスープも頼めばよかった。

追加注文や各種割引サービスなど

歴史ある東京上野のインドカレー店の暖簾分け

狸小路の入り口に長年あるお店なので、札幌に住んでいる人なら行ったことはなくてもなんとなく知っているのではないかと思います。実はこのお店が東京上野で昭和31年創業して今なお続くインドカレーの名店「カレー料理専門店 デリー」の暖簾分け店舗であることは意外と知られていないかもしれません。デリーで修業したシェフが地元でデリーと同じメニューを掲げて独立開店すると暖簾分け店舗としてデリーと名乗れるのだそうです。この札幌のお店もそのうちの一店舗ということなのですね。
伝統の味を長く守り続けているお店。素敵です。

店舗情報

カレー料理専門店DELHI(デリー)
札幌市中央区南三条西1狸小路1丁目

サツッター編集長

サツッター編集長です。札幌の人たちの「やってみた」をできるだけたくさん紹介すべく裏方として奔走しています。時々、記事も書いてみます。

このライターの記事一覧
サツッターのTwitterはこちら