思った以上の実力派!セコマの冷凍食品でキャンプ飯やってみた

2023年8月13日 11:00 2,556 Views
アバター画像

札幌生まれ札幌育ち多分このまま札幌骨埋め

キャンプにおいて、メシはいかに手を抜くかを旨としている9進法と申します。むかーしむかしは、朝食用にベーコンや卵を燻製にして一晩風乾したり、釣った魚のハラワタを処理して串刺しの焼き魚にしたりと手間を掛けていましたが、何周か回ってもはや面倒くさい。可能な限り時短して洗い物も省略することを美徳としています。

普段はちゃんと野菜を摂取しているのでパンチ力重視の茶系ラインナップ

先日行ったキャンプの晩飯を思案していたところ「電子レンジが無くても冷食って使えるのでは...」と思い当たりました。
メリットは、それ自体がドリンクを冷やしてくれる保冷剤として助力してくれる!そして野菜の皮やら貝殻などなどの残飯も出ない!
また誰かが「セコマの冷食、安いしけっこう美味しいよ」と言っていたのを思い出しこちらの3品を見繕って晩飯としたのです。イメージとしては中華バイキングで目ぼしいものをプレートに乗せて持ってきた感じ。

豚のやわらか角煮 ¥258(全て税抜)

餡の部分は当然ながら凍って固まっている状態
ホットサンドメーカーをフライパン代わりにじっくり芯まで温めて出来上がり

しっかり分厚く食べごたえ満足の豚バラ肉が3切れ。チンゲン菜が彩りを添えてくれています。ほどよい甘みの餡と鷹の爪のピリっとがよく絡んで具材をまとめ上げてくれており美味。ちゃんと真正面に豚角煮でした。

ぷりぷりえびのチリソース ¥228

普通に「エビチリ」でいいのに自らハードルを上げて「ぷりぷり」と豪語してるが...
...ホントだ。期待以上にしっかり身が張ってぷりぷりの名に恥じない食べごたえ!

これ一発で腹パンになりたいわけじゃないので、適量にてエビチリを小皿分食べた感があるボリュームが使い勝手良し。玉ねぎのカットサイズも、エビの邪魔にならない適度のアクセントになっていました。

豚バラ肉のこってり焼きそば ¥188

このまま温めてもパサりそうなので少量の水を足して...

シェラカップにて全体が艶っぽさを取り戻すまで温めます

お好み焼き屋さんにあるタイプまではいかずともそこそこ太麺。野菜は一切無しですが、鉄板を持ち出さなくてもこの低価格で手軽にそれっぽい焼きそばを味わえるのは有り難いの一言。

結論:冷凍食品キャンプ飯、成功

トータル税込¥800以下で十分に酒のお供のキャンプ晩飯として成立しました。価格・味・バラエティを加味して及第点を遥かに超える結果に。
これが自宅なら更に、豚角煮に煮卵を添える、エビチリにサラダ菜を敷く、焼きそばに野菜炒めをプラスなどで簡単に下駄を履かせることも可能。
非常に使い勝手の良いセコマのプライベートブランド冷凍食品であることを確信。ご馳走さまでした。

syushu inc.
アバター画像

札幌生まれ札幌育ち多分このまま札幌骨埋め

食べ呑み・外遊び・エンタメが生き甲斐の札幌人

このライターの記事一覧
サツッターのTwitterはこちら