第10回ゆきあかりin中島公園に行ってみた

「雪あかり」と言えば「小樽雪あかりの路」が有名ですね。
実は札幌にも「ゆきあかり」があるのをご存知ですか?
わたくし、恥ずかしながら、今年初めてその存在を知りました。知ったからには行かないわけにはいきません。

ということで「第10回ゆきあかりin中島公園」に行ってみました!
第10回ということは、今年が10年目の開催ということ。10年も知らなかっただなんて、地元好きの名が廃ります。もうがっつり楽しんじゃいましょう!

地下鉄南北線「中島公園」駅を出ると、さっそく氷像がお出迎え。
photo327_2

「鮭」(ですよね?)というチョイスがいかにもという感じで、愛郷心をくすぐります。
それにしても妙に完成度の高い彫刻です。ボランティアさんが制作されたのでしょうか。なぜここで本気を出したのかと慄きつつも、カメラで連写せざるを得ませんでした。

開始時刻の16時30分は、まだ日が落ちきっていません。
ちょっと来るのが早かったかなと思いましたが、ろうそくに火が灯され始めると、これが意外と絵になるのです!
photo327_3

柔らかい灯りが雪を照らす風景を眺めていると、寒さも忘れて癒やされますね。
ところどころに愛嬌いっぱいの雪だるまがいて、思わず笑みがこぼれます。
気温は氷点下ですが、心はほっこり暖かです。

和み空間の児童会館前を後にし、お次は日本庭園へ。冬期間は閉鎖されている場所です。
あそこでろうそくが灯されていたら綺麗だろうな、でも閉鎖中だしなと思いつつ行ってみたら……
photo327_4

なんと開いていました!
粋なはからい!実行委員会の皆さま、本当にどうもありがとうございます!

すっかり日も暮れて、幻想的な雰囲気となった日本庭園を存分に楽しみました。
photo327_5

綺麗ですよね!
雪バケツの表面をバーナーで溶かすと、こんな風に透明度が上がって、一味違うゆきあかりになるのだとか。

写真を撮りながら、2時間ほどゆっくり見て歩きました。
消灯は20時ということだったのですが、さすがに体が芯まで冷えてしまい、最後まで居られなかったのが残念です。

今年は2月5日(金)から2月7日(日)までの開催だった「ゆきあかりin中島公園」。
毎年2月に、3日間ほど開催しているそうです。
9条広場(児童会館前)からコンサートホールkitaraまで、この時だけの美しい景色が広がります。
おすすめはやはり日本庭園!一見の価値ありです!

小さなイベントですが、小さいからこその良さがありますね。
ぜひまた来年も伺いたいです!

実はわたくし「小樽雪あかりの路」も行ったことがなくてですね…。
来年は日程を調整して、中島公園と小樽の両方を楽しみたいと、今から野心に燃えております。

中島公園 : http://www.sapporo-park.or.jp/nakajima/