日本酒好きが歓喜するイベント「北の酒まつり」に行ってみた

2023年7月21日 17:00 534 Views
アバター画像

肉体労働系淑女

こんにちは。暇があればどこでも行きたい。酒があればその5倍良し。日本酒大好きスケットルです。今回は7月15日〜16日に開催された「北の酒まつりinきたひろしま」に参戦してきました。

「北の酒まつり」とはどんなイベント?

たまたま、「なにか酒のお祭りないかしら」と探していたら開催4日前に見つけたこのイベント。初めて見たのですが、もう9回目の開催らしく。知らなかったよ...。
そんなに札幌では強く広告している雰囲気でもないし、ちょっとマニアック。

イベントの概要としては「北広島市と姉妹都市東広島の西条と竹原地区、全国47都道府県の厳選された日本酒が集合」とのこと。
おお!北海道の地酒飲み比べはあるけど、全国の酒を飲み比べできるなんて聞いたことないぞ?!行くっきゃないでしょう!!ということで、淑女友達「れんれん」を誘っていざ北広島へ!

イベントには、前売り券2000円と当日券2500円があるようで、お酒を飲まない方は無料で会場に入ることができます。私は前売り券を買いました。「利き酒」と謳っていますが、まあ2000円なら普通は4〜6杯くらい飲んだらそこからは有料なんでしょう?なんてちょっと穿った考えを持ちながら「それでも全国の日本酒を飲み比べできるなら!」とワクワクしながら行きました。

パンフレットを参考に楽しんでみよう!

こちらが当日頂いたパンフレットです。

事前に蔵元や銘柄を調べていったのですが、銘柄はなんと100種類超!こんなイベント聞いたことない!すごいです。北海道から沖縄まですべての都道府県の蔵元が集結しています。沖縄に日本酒の蔵元があったとは...それだけでも驚きました。

ものすごく分かりやすいパンフレットを頂いた。勉強になります!
これまたかなり詳細な酒の紹介。見てるだけで楽しい
普段なかなか出会えない沖縄や鹿児島の日本酒も!レアすぎる!
JRで北広島到着。人がいっぱいいましたよ
新庄監督!おはようございます!

実際に到着してみると、大雨にも関わらず行列が。テンション上がりますねー!!

会場入りを楽しみにする皆様。わかるー!!

いざ!会場入り。受付では事前予約と当日券販売のブースに分かれており、事前予約していた私は比較的スムーズに入場できました。受付を済ますと、お猪口一つと、腕に赤いブレスレットを装着します。これが飲み放題のサイン。おや、もしかしたらやっぱりいくら飲んでも追加料金掛からないってことなのか...?マジで?いいの?2000円で?

入場時に貰えるお猪口。記念品になって良い

テーブルで大きく四角く囲まれたブースに、日本酒がズラリと並んでいます。写真では分かりづらいのですが、そのブースを囲むように人も並んでいます。でも、100種類以上も銘柄があるので、並んで飲めないということはありません。私はとりあえずチェックしていた銘柄から楽しむことに。

それぞれのブースに銘酒の説明と一升瓶が並んでいて、そこに行って、注いでもらうシステム
狙いの亀齢酒造。先日インターネットで注文したばかりのお酒だったので、ここで出会えるとは!嬉しい!
一度飲んでみたかった「夜の帝王」。名前の割に度数が低いのもあって飲みやすい
事前に調べて、飲んでみたかった「海風土」。レモンのような酸味が爽やか〜。夏にピッタリ
今田酒造さんのお酒、どれもおいしかった。ファンになりました
北海道民としては外せない「三千櫻」。黄緑のラベルは初でしたが安定の美味しさでした。大好きです
下調べ無しで美味しかった。また飲みたいなー。良い出会いをしました!

写真で紹介したのはほんの一部ですが、実際に帰って調べてみるとなんと20種類飲んでいました。本当に飲み放題です。いくらでも時間制限なく飲み放題。当日券2500円だとしてもこんな熱烈日本酒サービス他にある?!また飲みたい!と思えるものにたくさん出会えました。

また、お酒を飲まなくても、ステージの催し物や縁日のような飲食ブースが様々あるので、お子様連れもたくさんいました。(ちなみに酒を呑むのに夢中で食べ物のブースを撮り忘れたため、翌日にも家族で参戦するといったポンコツっぷり...楽しいから良いよね?)

ステージでは様々な催し物がありました。お祭り感があってとても良い
出店もたくさんあるので、日本酒と一緒に食も堪能できます
お子様連れもたくさんいます。お祭りとして存分に楽しめます
広島県と提携したイベントなので広島名物もあります!
大人だってチョコバナナ食べたいじゃん!

ちなみにしっかり「ウコンの力」と「水1リットル」をカバンに入れて参加しました。淑女たるもの、泥酔するべからず。中には泥酔している人もいたので飲み過ぎ注意。

スケットル「あ、このお酒、以前飲んだことあるんだけど私にはあんまり合わなくて...」

れんれん「どれ、私が飲んでみるわ。...え、旨いじゃん!旨いけど?」

スケットル「マジで?一口頂戴。え?あれ?うんまいわ!旨い!」

なんてこともあって、日本酒は体調や気温、呑むときの温度によって味が変わるのでこんな発見もあってとても楽しかったです。お互いの好みを飲み比べしてみたり。とにかく大人がとことん楽しんでいました。余談ではありますが、仮設トイレがキレイで感動しました。今どきの仮設トイレってこんなにポテンシャルが高いのか!女性にとってはとても大事なポイントです。

こんな最高なイベント逃せない、れんれんと誓いを交わし来年も絶対に参戦するぞ!と約束しました。初イベントでしたが、コスパ、楽しさ、充足感全てにおいて完璧。なんで今まで知らなかったんだ...これから日本酒をもっと探検してみたい方、日本酒が純粋に大好きな方、お祭りが好きな方、行ったことがない方はぜひ来年以降参戦してみてください。新しい日本酒の世界へ連れて行ってもらえます。

syushu inc.
アバター画像

肉体労働系淑女

肉体労働系淑女です。酒(特に日本酒、ビール)と肉体労働系ガッツリ飯を愛しています。酒と仕事に呼ばれれば喜んで飛んでいきます。

このライターの記事一覧
サツッターのTwitterはこちら