【北海道 東川町】大雪山・神秘の雪解け水でつくった炭酸入りナチュラルミネラルウォーター「Higashikawa Sparkling water」デビュー

2022年5月31日 19:00 377 Views
アバター画像

サツッター編集部

北海道大雪山系の主峰、「旭岳」の天然雪解け水でつくられた「Higashikawa Sparkling water」が完成したそうです。水源から直接採水され、添加物を加えることなくボトリングされたミネラル豊富な炭酸入りのナチュラルミネラルウォーター。きめ細かい泡の「ベーシック」と爽快な刺激の「ストロング」の2種類です。


北海道 東川町では、5月25日より、旭岳の雪解け水を活用したスパークリングウォーターである、「Higashikawa Sparkling water」をふるさと納税返礼品として取り扱いをスタートしました。
開発、販売を行うのは、東川町を拠点に、北海道の魅力を発信する株式会社リラ。4月末より旭川空港内のAIRPORTLILAS他、北海道で発売を開始しています。現在は、東川町内店舗の道の駅 ひがしかわ道草館でも、購入が可能です。また、現在はオンラインにて全国発売もしています。

Higashikawa Sparkling waterは、北海道開拓以前より旭岳の麓に湧き出す神秘の雪どけ水を使用しています。天然フィルターで長い長い年月をかけ濾過され、ミネラルが豊富に含まれます。また、硬度9 4の中硬水は、程よく柔らかでほんのり甘く、きめの細かい泡感は様々なジャンルの食事との相性もよく、味わいを引き立てます。

お料理との相性やお酒の割材などお好みにあわせて楽しんでいただけるよう、BasicとStrongの2種類のガス圧をご用意しました。自然の恵みである天然水本来の美味しさにこだわり、まろやかさをできる限り生かしたスパークリングウォ―ターです。東川の自然の美味しさをご賞味ください。

商品概要

名称Higashikawa Sparkling water(ヒガシカワ スパークリングウォーター)
原材料水(湧水)、二酸化炭素
通常価格1本(340ml瓶)230円(税抜)248円(税込)
6本入り、12本入り、24本入りもご用意ございます。
栄養成分
(100ml当たり)
カルシウム 2.2㎎、カリウム 0.4mg、マグネシウム 0.9㎎
デザイン・
アートディレクション
岡本健 氏(岡本健デザイン事務所 代表)

以下「ひがしかわ株主制度」特設サイトの他、楽天ふるさと納税、ふるさとチョイス、ふるなびなどの各種ポータルサイトにて取り扱い。
higashikawa-town.jp

Higashikawa Sparkling water Basic

繊細でまろやかな飲みやすさと口当たりを追求し、様々な料理との相性抜群。テーブルウォーターとしてオススメです。

Typeベーシック
Tasteきめ細かい泡
Situationランチ、テーブルウォーター
How to drinkストレート、果実との割材

Higashikawa Sparkling water Strong

炭酸感がしっかり強い中にも爽快な刺激と後味の良さが口の中をさっぱりとさせます。どんなお酒の割材にも適しています。

Typeストロング
Taste爽快な刺激
Situationディナー、お風呂上がり
How to drinkストレート、お酒の割材

製品特徴

ナチュラルミネラルウォーター

ナチュラルミネラルウォーターとは、特定の水源より採水された地下水のことで、下記条件を満たしているものをいいます。

  • ミネラルバランスがよく、含有成分や水温、および他の性質が安定していること。
  • 健康に有益なミネラル成分を 一定量保持していること。
  • 水源があらゆる汚染から完全に隔離されている地下水であり、水質汚染を防ぐために採水地周辺の環境保全が常に行われていること。

Higashikawa Sparkling water は、水源から直接採水され、添加物を加えることなくボトリングしているため、ミネラルが豊富です。

豊かな水 バランスの良い中硬水

軟水が多い日本の湧き水に対し、旭岳の雪どけ水は、国内でも珍しい中硬水(硬度94)にあたる水質です。この豊かな水は旭岳の麓・東川町全ての家庭や飲食店にも引かれ、そのまま飲むのはもちろんのこと、コーヒーを淹れたりお米を炊いたり、麺やパン作りでこの水を使用することでおいしさの違いがはっきり分かります。

お問い合わせ先

株式会社リラ
MAIL info@higashikawa.co.jp
TEL  0166-56-2525

syushu inc.
アバター画像

サツッター編集部

サツッター編集部です。様々な記事を発信していきます。卒業したライターさんの記事もこちらになります。

このライターの記事一覧
サツッターのTwitterはこちら