3月1日は「北海道のソウルフードを食べる日」ベル食品が制定

2023年3月1日 15:00 143 Views
アバター画像

サツッター編集部

道産子にはお馴染みの「ベル食品」が、3月1日を「北海道のソウルフードを食べる日」に制定! ジンギスカン、ラーメン、ザンギ、スープカレー! 北海道はおいしいものがいっぱいだなぁ。幸せだなぁ。(コメント:SHIHO)


「成吉思汗たれ」「ラーメンスープ華味」「スープカレーの作り方」「ザンギ名人」など、北海道のソウルフードをご家庭で味わうためのたれ、つゆなどを製造販売する「北海道のソウルフードメイカー」ベル食品株式会社(本社:北海道札幌市西区、代表取締役社長:福山浩司、以下ベル食品)は、設立日(1958年3月1日)である3月1日を「北海道のソウルフードを食べる日」と制定し、2023年2月15日に一般社団法人日本記念日協会に記念日として認定登録されました。

3月1日「北海道のソウルフードを食べる日」の記念日登録証

3月1日「北海道のソウルフードを食べる日」制定の目的

ベル食品はコーポレートスローガンにも掲げる「北海道のソウルフードメイカー」として、ジンギスカン、ラーメン、スープカレー、ザンギ、豚丼、ラーメンサラダなど、北海道で生まれて、各地域や各家庭に根付いて育ってきた北海道のソウルフードの魅力や伝統を、北海道はもとより、日本全国で広く知っていただき、北海道の食文化を未来へ継承していくために、設立日である3月1日を「北海道のソウルフードを食べる日」に制定しました。

「北海道のソウルフードを食べる日」はベル食品のみでの利用に留まらず、北海道の食を扱う全国各地の製造メーカー、卸・小売業者、飲食店にも活用してもらい、日本全国で北海道料理を楽しむ日にしたいと考えています。

北海道の「食」のブランド向上に貢献し、2023年2月に農林水産大臣賞を受賞

ベル食品は下記3点の功績が認められて、2023年2月9日(木)に一般財団法人食品産業センターが主催する第44回食品産業優良企業等表彰の食品産業部門<農商工連携推進タイプ>にて農林水産大臣賞を受賞しました。

  • 可能な限り北海道産原材料を使用するよう努めており、北海道産原材料の使用量の割合は約4割、商品数比率では88%。北海道の「食」のブランド向上に貢献している。
  • 「成吉思汗のたれ」を開発・製造し、その後、ジンギスカンの普及・拡大に尽力。今では、北海道の食文化、郷土料理として定着している。
  • 毎年、札幌市内の幼稚園約30か所で園児と保護者を対象にした「ジンギスカンセミナー」を開催し、食育活動に力を入れている。

今後もベル食品は「北海道のソウルフードメイカー」として、設立記念日でもある3月1日の「北海道のソウルフードを食べる日」を毎年活用しながら、引き続き、北海道、日本、そして世界へ、北海道のソウルフードと食文化の普及、拡大に努めてまいります。

北海道のソウルフードについての参考サイト

参考:ベル食品公式サイト「ベル食品の原点」
https://www.bellfoods.co.jp/learn/origin/

参考:ベル食品公式サイト「ジンギスカンの知識」
https://www.bellfoods.co.jp/learn/genghiskhan/

参考:ベル食品公式サイト「スープカレーの日 特設ページ」
https://www.bellfoods.co.jp/special/soupcurry/

Web業務、もう嫌だ。大丈夫、シュシュがいます。
アバター画像

サツッター編集部

サツッター編集部です。様々な記事を発信していきます。卒業したライターさんの記事もこちらになります。

このライターの記事一覧
サツッターのTwitterはこちら