【しゃぶ葉】しゃぶ葉で石狩鍋!? 1月26日より数量限定!海鮮食べ放題と石狩鍋だし新登場!~石狩鍋で北海道旅気分~

2023年1月29日 14:00 861 Views
アバター画像

サツッター編集部

しゃぶしゃぶ食べ放題の人気レストラン「しゃぶ葉」で、「海鮮食べ放題コース」と「しゃぶ葉特製石狩鍋だし」が期間・数量限定で新登場!人気の「霧島黒豚&牛みすじ」も復活し、豚&牛&海鮮を一気に楽しめます。 しゃぶ葉のワッフルとソフトクリーム、おいしいよね。


株式会社すかいらーくレストランツ(本社・東京都武蔵野市、代表取締役社長 中島 尚志)が運営する「しゃぶ葉」では、「海鮮食べ放題コース」と「しゃぶ葉特製石狩鍋だし」が新登場し、石狩鍋(※)を楽しめるコースを開始いたします。

しゃぶ葉の石狩鍋 ポイント

① 北海道産鮭や陸奥湾産帆立などを思う存分楽しめる「絶品海鮮食べ放題コース」新登場!
「霧島黒豚&牛みすじ」が復活し、豚と牛の人気コンビと海鮮のセットで税込3,299円~食べ放題。

② バターと味噌の旨みが引き立つ「しゃぶ葉特製石狩鍋だし」×「海鮮コース」で本格“石狩鍋”を
3種のこだわり海鮮の旨味が、石狩鍋のだしとマッチして、より深みのある鍋を楽しめます。

③ 未就学児は全コース・全日無料!小学生も全コース共通価格税込1,099円!
お子さまは何を食べても一律価格!ご家族のお財布にやさしくお好きなコースをご利用頂けます。

※地域名物をイメージしたメニューです
※鮭以外の魚介類は北海道産以外の食材を使用しています

【北海道ご当地グルメ・石狩鍋】海鮮食べ放題×石狩鍋だし

対象期間2023年1月26日(木)~3月15日(水)
※数量限定のため、なくなり次第終了。
販売店舗しゃぶ葉全店
対象メニュー絶品海鮮食べ放題コース
2,999円(税込3,299円)~
※だしに「しゃぶ葉特製石狩鍋だし」を選択した場合、+110円(税込)の3,409円(税込)~となります

しゃぶ葉初!-絶品海鮮食べ放題コース-

しゃぶ葉では初登場となる、海鮮の食べ放題コースです。
絶品海鮮3種(北海道産鮭・ソフトシェルシュリンプ・陸奥湾産帆立)をお楽しみいただけます。
内容は、海鮮3種に加え、「霧島黒豚」と「牛みすじ」も食べ放題となるコースです。

-おすすめだしは「しゃぶ葉特製石狩鍋だし」-

北海道の郷土料理として楽しまれている石狩鍋。「しゃぶ葉特製石狩鍋だし」はバターと味噌の旨みが引き立つよう工夫しました。海鮮とお肉、どちらも相性抜群です。

メニュー開発担当のこだわり! しゃぶ葉の石狩鍋 美味しさのポイント

◆だしのこだわりは「合わせ味噌・バター・すりおろしたごぼう」のバランス より味わい深いだしにするため、すりおろしたごぼうをオリジナルで加えました。 合わせ味噌・バターに、すりおろしたごぼうを加えることで旨み・風味・コクが増しただしになります。

◆こだわり3種の海鮮は、石狩鍋だしに合わせるために選んだ素材 北海道のご当地鍋らしく、石狩鍋のイメージにあうよう、北海道産の鮭を選びました。 陸奥湾ホタテは、うま味はもちろん、引き立つような甘みが特徴です。

人気メニューが復活!霧島黒豚&牛みすじ 食べ放題

霧島黒豚&牛みすじ 食べ放題
2,199円(税込2,419円)~
※横浜ワールドポーターズ店は内容・価格が異なります

【甘みのある旨み】「霧島黒豚」 特長

黒豚ならではのやわらかい肉質で、加熱後も肉汁たっぷり。
脂肪質が優れており、良い香り・風味のお肉です。

≪おすすめの食べ方≫「しゃぶ葉特製石狩鍋だし」
黒豚の甘みと石狩鍋だしの旨みの相性が抜群です。

【希少部位】「牛みすじ」 特長

一頭の牛からわずかしか取れない希少部位です。
特有の食感とやわらかさ、脂の口どけをお楽しみいただけます。

≪おすすめの食べ方≫「本格すき焼きだし」
甘辛醤油だしと玉子をからめて、すき焼き風にお召し上がりください。

価格表

女子会・ママ会歓迎!アルコール飲み放題が終日999円(税込1,099円)!

■実施期間
2023年1月26日(木)~2月12日(日)

終日ハッピーアワー価格の999円(税込1,099円)でご提供いたします。アルコール飲み放題はドリンクバー付きで、自由にオリジナルカクテルも作れます。カクテル6種と多彩なソフトドリンクを組み合わせてお楽しみください。グループの中で、おひとりさまの注文も可能です。
https://www.skylark.co.jp/syabuyo/campaign/index.html

※お車を運転の方と20歳未満の方へのアルコールの販売はお断りいたします

※画像はすべてイメージです

syushu inc.
アバター画像

サツッター編集部

サツッター編集部です。様々な記事を発信していきます。卒業したライターさんの記事もこちらになります。

このライターの記事一覧
サツッターのTwitterはこちら