【ラビスタ函館ベイ】北海道八雲町とタイアップ!「北海道二海サーモンフェア in ラビスタ函館ベイ」12月11日から期間限定開催

2022年11月16日 12:00 116 Views
Avatar photo

サツッター編集部

「朝食がおいしいホテル」として有名な函館のリゾートホテル「ラビスタ函館ベイ」で、12月11日~25日まで「北海道二海サーモンフェア in ラビスタ函館ベイ」が期間限定開催されます。北海道八雲町が推進する北海道初の海面養殖で育てた二海サーモンをラビスタ函館ベイのシェフによるさまざまな料理として味わえます!


全国40ヵ所にリゾートホテル「共立リゾート」を展開する株式会社共立メンテナンス(以下、共立メンテナンス/代表取締役社長:中村幸治/本社:東京都千代田区)は、北海道八雲町とタイアップし、北海道函館市にあるリゾートホテル『ラビスタ函館ベイ』にて、2022年12月11日(日)~2022年12月25日(日)の期間、『北海道二海サーモンフェア in ラビスタ函館ベイ』を開催いたします。

北海道二海サーモンの白ワイン蒸し ソースブールブラン
本マグロと帆立貝のタルタル 八雲町 北海道二海サーモン包みキャビア添え

北海道八雲町が推進する北海道初の海面養殖で育てた二海サーモンを多くの方に召し上がっていただくため、『北海道二海サーモンフェア in ラビスタ函館ベイ』では、レストラン「ノルテ」と中華料理「海風楼」で、「北海道二海サーモン」をメインに使用したアラカルトメニュー、「北海道二海サーモンの白ワイン蒸し ソースブールブラン」や「北海道二海サーモン塩炒め」などをご提供いたします。

また、毎年ご好評いただいているレストラン「ノルテ」のクリスマスディナーコースでは、2022年12月1日(木)~2022年12月25日(日)の期間、前菜に「北海道二海サーモン」を使用した「本マグロと帆立貝のタルタル 八雲町北海道二海サーモン包み キャビア添え」をお召し上がりいただけます。

開催期間中は、宿泊特典として八雲町限定ミルキーを1部屋1つ(1箱5個入り)をプレゼントいたします。

北海道二海サーモンとは

日本で唯一、日本海と太平洋の二つの海を持つ北海道八雲町で、新たなサーモンブランド「北海道二海サーモン」として水揚げされました。北海道八雲町の日本海に面する熊石漁港で養殖されたトラウトサーモン(ニジマス)は、色鮮やかで、脂はさっぱりと臭みがないのが特長です。

ラビスタ函館ベイ 料理長からのコメント

今回、北海道で初めての養殖サーモンということで発表当初よりとても興味がございました。サーモンといえば、寿司や刺身が定番ですが、ラビスタ函館ベイでは、洋食と中華のレストランを擁しておりますので、どのような料理が二海サーモンに一番合うのか、スタッフと試作・試食を重ねてきました。生の場合、酸味を利かせたソースをアクセントにしたり、焼いたり揚げたりすることにより、サーモンの脂の香りが引き立ちます。ラビスタ函館ベイが手掛ける北海道二海サーモンの逸品を沢山のお客様に楽しんでいただけたらと思います。

メニュー内容

 期間:2022年12月11日(日)~12月25日(日)
※12月23日(金)~12月25日(日)、レストラン「ノルテ」でアラカルトのご提供はございません

北海道二海サーモンのムニエル【アラカルト】

レストラン「ノルテ」

  • 北海道二海サーモンの白ワイン蒸し ソースブールブラン:1,500円
  • 北海道二海サーモンのムニエル:1,500円
  • 本マグロと帆立貝のタルタル八雲町 北海道二海サーモン包みキャビア添え:1,200円
北海道二海サーモンの葱・生姜蒸し

中華料理「海風楼」

  • 北海道二海サーモンのから揚げ:900円
  • 北海道二海サーモンの葱・生姜蒸し:1,500円
  • 北海道二海サーモンの塩炒め:1,500円

クリスマスディナーコース料理

クリスマスディナーコースイメージ
期間2022年12月1日(木)~2022年12月25日(日)
料金9,900円(税込)
メニュー内容本マグロと帆立貝のタルタル 八雲町 北海道二海サーモン包みキャビア添え、鴨胸肉と軟白ねぎのコンソメスープ、真たちのカツレツ ガスパッチョ風、伊勢海老のヴァブール 香草クリームソース、梅酒のグラニテ、大沼黒牛のヒレ肉ロースト トリュフの香るソース、ショコラムースXmas仕立て 、パン 2種 、コーヒー 、ブティフール

※ご予約は、ラビスタ函館ベイへお問い合わせください。
<ラビスタ函館ベイTEL:0138-23-6111>
※メニューは予告なく変更になる場合がございます。


公式WEBサイト:https://www.hotespa.net/hotels/lahakodate/dinner/

Web業務、もう嫌だ。大丈夫、シュシュがいます。
Avatar photo

サツッター編集部

サツッター編集部です。様々な記事を発信していきます。卒業したライターさんの記事もこちらになります。

このライターの記事一覧
サツッターのTwitterはこちら