うまっ!“かわいや”の「窯焼きポテト」を食べてみた

2018年6月12日 11:41 2,204 Views
お酒も呑むけど、甘いものも好きーーー!なサツポロミです。 どうも、どうも!! 札幌は“かわいや”さんの窯焼きポテトをご紹介します。 おそらく知っている方は知っているんでしょうね・・・あぁ悔しい。 なぜ、今まで知らなかったのか私。 たまたま行ったローソンで、見慣れないものを見つけてしまったんです。 ずっしりと重いそれは、なんとも地味な包装。 値段もはっきり書かれてないけど、まぁ300円くらいだよねー、なんて甘かった(苦笑) 540円。(レジで一瞬白目) が、しかし!食べたら即刻240円が埋まった!(笑) めっちゃうまいじゃん!いいわ、540円で! しかも、一人でこの量なら一気に食べないで、明日も食べられる! いいわ、540円で!! マジうまい! 落ち着け私(笑) まず、包装開けたら、こうですわ。 15cmくらいかな。この画像見ただけなら若干わかさいも寄りですよね(笑) この時点では、まだ買った後悔がありました。 切ってみた! びっちりの芋の中にクリームがっ、 甘すぎないから芋とのハーモニーが素晴らしい! 思わず鼻から吐息(笑) 素材が活きてるぅ~♪ スイートポテトだったのね(って今?) フォークで下まで切れない??? おっと、下にさつまいもの皮がついていた、裏返してみる。 あらら、まるっきりさつまいも! もうこうなったら、240円の想像と現実の差額はどこへ行ったやら。 ぐぐっと、お気に入りに食い込んできました。 そして少し冷静になって、包装紙に目を移しました。 「北海道どさんこ新聞」に包んであるんです。どさんこ新聞・・・ PRコピーのオンパレード! 「爆発的な人気!うまいもの造りの職人芸」 え、自宅の敷地に工場があるのね、すっご! 新発売?いつから売ってたのかしら。 北海道の素材にこだわってるのかぁ。 うん、たしかに上品な感じがしました、はい! ちなみこちらが原材料。 そしてどさんこ新聞一面、いや、包装紙の全景。 何枚かが重なってるわけではなく、これで一枚です。 赤い囲みは私じゃないですよっ、こういう包装紙(笑) スイートポテトといえば、老舗・帯広のクランベリーが思い浮かびますね。 クランベリーも美味しい!デパートの催事があったら並んで買ったものです。 こちらは札幌に居ながらにして購入できるんですよ、うれしい! しかもローソンで。 どこのローソンにもあるのか定かではありませんが、シュークリームとかの冷蔵コーナーにありました。 ぜひ! 包装紙にあるホームページ見てみたら、たくさん種類があるみたい! しかも、結構前から売ってたみたい(笑) もしかして、知らないの私だけだった?ひゃぁ~~~!! 今度店舗にも行ってみよーっと。 かわいや http://www.kawaiya.net/
Web業務、もう嫌だ。大丈夫、シュシュがいます。
アバター画像

自由人

札幌生まれ、札幌育ち。でも札幌はまだまだ知らないことがたくさん溢れている街! 好奇心旺盛な私のワクワク・ドキドキな天然ボケ炸裂面白体験をUPしていきます。 住んでるだけじゃもったいない!札幌を楽しむお手伝いができたらうれしいです。

このライターの記事一覧
サツッターのTwitterはこちら