おさかな大好き。ben.chanで海鮮丼を食べてみた

2023年9月2日 11:00 12,818 Views
アバター画像

ホリスティックキャリアプランナー

こんにちは。先日、知り合いから紹介を受け、7月北区にオープンした本格味な味のカジュアル鮨屋「おさかな大好き。ben.chan」へ、海鮮丼を食べに行ってきました。ホリスティックキャリアコーチ(AIチャットちゃん名付け親)のゆこりんです。

「おさかな大好き。ben.chan」かわいい看板が目印

大きな看板が目印。店の前には車2台停めるスペースがあります。

北区の麻生と北35条と新琴似のちょうど真ん中あたりにある「おさかな大好き。ben.chan」。今まで見たことがないおしゃれなメニューがたくさんのカジュアルなお鮨屋さんです。ランチのほか、夜は居酒屋メニューもあります。

見た目おしゃれで可愛らしいけど、本格的な海鮮丼

おしゃれな本格海鮮丼ランチメニュー。「とろける本まぐろ盛」は限定5組(2,500円税込)

ランチメニューはいろいろあって迷ってしまいます。「とろける本まぐろ盛」は分厚いマグロがどっさり入っています。「生とろサーモン盛り」はバラのお花のように繊細な盛り付けです。おしゃれでありながら、本格的な海鮮メニューとなっています。手頃な価格でありながらしっかり海鮮が乗っています。

バラチラシ「わがまま宝石盛り」1,500円(税込)キラキラ宝石のようです。

私は、見た目がとってもかわいらしいバラチラシにしました。「わがまま宝石盛り」という名の通り、まさに宝石を散りばめたようで、映えます!しょうゆは、しょうゆジュレとなっており、こちらも宝石のように華やかに見えます。見た目がきれいなのはもちろんですが、液体のしょうゆだと、かけすぎてしまうのとせっかくの素材の味がわからなくなってしまいますが、ジュレにすることで新鮮な素材を醤油とともに美味しく食べることができます。店主の思いやりが詰まっていますね。

3種のミニ海鮮盛り マグロ丼・サーモンいくら丼・お任せ丼(1,600円税込)

友達は、「3種のミニ海鮮盛り」にしました。ミニといっても結構ボリュームがあります。マグロ丼とサーモンいくら丼は定番。毎回必ずありますが、お任せ丼は、その日の新鮮なネタの海鮮丼となっています。毎回違うのも楽しみの一つです。

店主はミシュラン寿司職人

魚の仕入れは、鮨屋の生命線とも言われています。店主は、約30年の仲買人。ミシュラン掲載店福永で鮨職人の経験を持つ大ベテランです。プロの仲買人が、毎朝市場で直接買い付けをした新鮮なお鮨を食べられるのも嬉しいですね。

夜は居酒屋メニュー。飲み放題プランもあるのが嬉しいです

子連れに優しいキッズスペース有・メニューも豊富

完全個室6名がけキッズスペース付きのお部屋。秘密のスペース!
お子様メニューも豊富!!

お鮨以外に、アジフライやカニクリームコロッケ、チキン南蛮定食もあります。特にアジフライは、さくっとした食感でありながら、中身がレアでとろけます。それも職人のなせる技ですね。

8席。4名テーブル2つ。キッズコーナー4人用1つあります。テイクアウトメニューもあります。

おさかな大好き。ben.chan

【住所】札幌市北区北35条西10-3-1 グランメールN35 1階
【営業時間】 Lunch 11:30-15:00(Lo14:30) Dinner 17:00-21:00(Lo20:30)
【駐車場】 2台
【電話番号】 011−299−4200
【Instagram】 https://www.instagram.com/fish.love.benchan/
※インスタフォローすると特典あるかも!

琴似栄町通り沿い 地下鉄南北線 麻生駅から徒歩10分

そのままで、ホームページ、大丈夫?
アバター画像

ホリスティックキャリアプランナー

ある時はキャリコン、ある時はコーチ、ある時は子育てアナリスト、ある時はカフェオーナー、ある時はイベントプランナー、ある時は占い師。 趣味は、写真撮ること、絵を描くこと、ピアノを弾くこと、ベリーダンス 、アウトドア、読書。 札幌出身。小樽、函館、岩見沢に住んだ経験あり。編集の仕事経験歴6年。 楽しいこと、美味しいところ、おしゃれな場所、綺麗な景色、学び、本などを紹介していきます。

このライターの記事一覧
サツッターのTwitterはこちら