神出鬼没!?「麻生けっぱれ地蔵」を見つけてみた

北区の麻生商店街近辺に現れる不思議なお地蔵さん。その名は「麻生けっぱれ地蔵」。
神出鬼没でどこに現れるのかわからない移動するお地蔵さんです。
久しぶりに見かけた(会えた!)のでご紹介いたします!

どこから来たの?あなたは誰なの?

ワタクシが麻生けっぱれ地蔵です

お地蔵さんと言えば・・・札幌では円山八十八カ所を思い出される方が多いでしょうか?
おとぎばなしを頭に浮かべる方もいらっしゃるのかもしれませんね。
私もその一人でした。普段の生活では、なかなか思い出すきっかけさえもなく過ごしていました。
そんなときに、突然目の前に現れた衝撃!
え!?何?こんなところにお地蔵さん?昨日まで何もなかったのに???
いつの間にか現れて、知らないうちに移動するお地蔵さんが麻生には住んでいるのです。
麻生けっぱれ地蔵の「けっぱれ」とは北海道の方言で、「頑張れ!」という意味です。
毎日、麻生商店街周辺のどこかで、お店や行きかう人々を「けっぱれ」と応援してくれているのでしょう。

コロナ禍で疲れた心に染みいります

想いがこめられた立札です

「街や人を元気にしたい」という地元の皆さんの想いから生まれたお地蔵さんだそうです。
とてもわかりやすく優しい言葉でその想いが綴られています。
麻生駅周辺にはたくさんのお店が存在しています。たくさんの人々が麻生駅を利用しています。
コロナに打ち勝ち、再び活気づいた麻生商店街に笑顔があふれることをお地蔵さんはきっと願っているのでしょうね。

七福神も見守ってくれています

お地蔵さんのそばにいる七福神

お賽銭箱の前には、(敬称略します)恵比寿、布袋、寿老人、弁財天、大黒天、福禄寿、毘沙門天からなる七福神がおられました。みんなで麻生を見守ってくれていたのですね!
お地蔵さんに、手を合わす人の姿を見かけることもあります。
皆様の願いが叶いますように・・・。

お地蔵さんもマスクで予防中

おしゃれなマスクが素敵★

お地蔵さんもしっかりとマスクをしていました。
まだ肌寒さが残る時期だったので、マフラーと帽子もかぶっていました。
冬には防寒コートを着用しているようです。季節ごとに変化するコスチュームも楽しめます♪
眺めているとなんだかほっこりと優しい気持ちになってくる気がします。
お地蔵さんって、耳が大きいのですねー。

どこで会えるかというと?

数日しか同じ場所に留まっておらず、「いつもここで会える」という決まった場所はありません。麻生駅周辺のどこかにいるので、お散歩しながら、お地蔵さん探しをしてみるのも楽しいかもしれませんね。
地域の人々に愛されている麻生けっぱれ地蔵。
これからも地域の安全と安心を見守り続けてくれるのでしょう。
コロナの感染対策、みんなでけっぱりましょうね。


[PR]お疲れの体をほぐすリラクゼーションなら

全国630店舗以上!もみほぐし・足つぼ・ハンドリフレ・クイックヘッドのリラクゼーション店【りらくる】