「クーパー家の晩餐会」を見てみた

こんにちは。
イソザキです。

先日、『クーパー家の晩餐会』の試写会に行ってきました。

愛と平和に包まるクリスマスイブ。
しかし、クーパー家の人々は違った。
それぞれが抱えた秘密がバレないかと恐れていた―――――

「主人公が多くて、それぞれのストーリーが繋がってハッピーエンド的なやつ?」と思って見に行きました。
率直に感想を述べると、面白かったです!
それぞれのストーリーが繋がるわけではありませんが、
なんだか色々あったけど皆ハッピー!みたいなかんじです。

いろいろなストーリーがぎゅっと詰め込まれていて楽しい。
一方ではラブストーリー、もう一方では家族の絆物語。
また違うところではキスがへたくそなカップルの話とか。(笑)

私が特に好きな話はおしゃべりなエマと、無口で無表情のウィリアムズ巡査の話です。
エマはいろいろあって巡査に連行されます。
連行中に、エマは表情を一切変えない巡査に「あなたはロボットなの?」と問います。
これを機に二人は会話を重ねて、打ち解けていきます。
私は、エマと巡査が別れるシーンで泣きました。
巡査がエマに言ったアドバイスで泣きました。
というか、とても響きました。
きっとエマにどこか共感していたからだと思います。

自分を変えてくれる人は必ずしも家族・友達・恋人・・・身近な存在ではないこと。
ひとつの出会いを大事にしたいなと思いました。

このように!
ぐっとくるシーンもあれば、思わず笑っちゃうシーンもあります。
感動と笑いのバランスがうまくとれた映画だと思いました。
ホームコメディと分類されていますが、
感動モノとは言い切れないし、コメディとも言えない。
ほろりと涙が出て、くすっと笑えるし、音楽もステキ!
心があったかくなる映画です。

それから料理がおいしそう!(いや、絶対おいしい!)
本作品のフードコーディネーターは『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』のメリッサ・マックソーリー!
とにかく出てくる料理、お菓子、すべてが美味しそう!
(見ているとヨダレが垂れそうに・・・)
実際、撮影中にカットがかかっても食べ続けていたそうです。
美味しいってことですね、うらやましい、私も食べたい・・・

という、私に朗報です。
公式サイトにレシピがいくつか載っています!
料理知識がゼロの私にはちょっと難しそうでした!

『クーパー家の晩餐会』は
4月2日よりディノスシネマ札幌にて公開です!

『クーパー家の晩餐会』公式サイト:http://gaga.ne.jp/coopers/