7日の日曜日。
朝早くならチューブスライダー乗れるよ!と、寒くて外に出たがらない子どもに誘いをかけ連れ出し、
到着した雪まつりつどーむ会場。
開場前から長蛇の列。
みなさん、思うことは一緒ですね。
日清どん兵衛どんばれチューブスライダーというのが正式名称ですが、メインはここなので入場と同時にここのブースに吸い込まれていく来場客さんたち。
実は、会場で開催中の竹スキーのお手伝いとして先に入場していたので、バックヤード?側からお客さんの動きを観察してました。
まさかあんなに早くから並んでるとはおもわず。朝早くならすぐ滑れるよね、というのは甘い考えでした。

でも、チューブスライダー、土日祝日は整理券方式になっていました!
ずっと並ばなくてもいいのはありがたいですね。
ただし、注意が。
当時3歳の子どもと並んでいた数年前。
年齢制限や1人で滑れないということでせっかく並んだのに滑れなかった経験があります。
今年も4歳以上となってますのでお気をつけください。
子どもが整理券もらってまで待って滑りたくないというのでつどーむの中へ。
おいしそうなラーメンや、企業さんのブースがいっぱい。
中でも目を引いたのは小樽のあんかけやきそばのお店。
残念ながらお手伝いもあったので、(それがメインですが)食べている時間はなかったのですが企業ブースで無料配布していた入浴剤をいただきました。
少し温まったところで竹スキーのお手伝いへ。
竹で作ったスキーで山を滑り降りる体験が無料でできます。
残念ながら小学生のみですが(大人は必ず転ぶそうです)製作体験や、出来上がっている竹スキーを販売もしてました。
竹スキーは2月11日まで。
今年は期間も長くなったので、お手伝いでの入場ではなく来場客として存分に遊びに行こうと思います。
photo270_2