こんにちは。やすかです。春に引っ越しをしまして、北海道札幌市から石川県金沢市へと移住しました。金沢市は夫の出身地なのです。
さて、引っ越しに際して必要なのが、引っ越しのご挨拶の「手土産」。金沢には、北海道名物?特産品を持って行かなくてはいけないと思っていました。
しかし、引っ越しシーズンの3月後半にお引っ越し。
しかも北海道から石川県は、翌日に荷物が届く距離ではなく、お菓子も日持ちとか、挨拶行ってすぐに渡せるかとか、いろいろ考えると難しいので、日持ちが効くギフトをチョイスしました。

それは・・・昆布です。!!


そう、昆布です。北陸地方は、昆布の消費がとても多いのです。石川県のお隣の富山県が消費量全国1位なので、石川県の方も、北海道の昆布なら、きっと喜んでいただける!ということで選びましたよ。賞味期限も来年まで持つので、安心です。

私が選んだ昆布は、「ナナクラ昆布」です。


こちらのナナクラ昆布を販売しているのは、木村真依子さん。彼女のおじいさまが昆布漁師をしていて、その昆布をもっと若い人にも味わってほしいという想いから、パッケージもお洒落に、使いやすいサイズにして販売しているのです。
昆布は、北海道日高産のみついし昆布。採った昆布は一枚一枚丁寧に並べられ、完全天日干しにて乾燥させているので、太陽と海の恵みで育った、栄養豊かな昆布なのです。今回は、だしこんぶ、刻みこんぶ、極細こんぶの3つセットになっているものを選びました。
私、以前から、この昆布のファンだったのです。使いやすいサイズにカットしてあるので、料理するときに本当に入れるだけでいいので、簡単!便利!しかもさらにおかずが美味しくなるといういいことづくめでした。
「手土産」としても、パッケージがオシャレなのがポイントです。引っ越しのご挨拶は奥様にお渡しすることが多いので、喜んでくれましたよ~。

3種類の昆布、使い方を簡単に説明しますね。

さて、この3つの昆布それぞれ使い方がありますので、簡単にご紹介します。
だし昆布は、先に使いやすいサイズにカットしてあるので、お出かけ前に味噌汁の出汁として水に漬けておけます。そしたら、帰ってくる頃には、昆布水となっていて、お味噌汁の出汁にそのまま使えて便利なのです。

また、いつものお出汁だけでなく、お米を炊くときにだし昆布を1枚入れると、風味豊かに炊きあがりますよ。それ以外に、手作り味噌に昆布を一緒に入れる、また、お刺身を〆るときや、鶏ハムに水で戻した昆布を巻いて作ると、よりしっとりしておすすめです!

続いて、刻み昆布。こちらもカットされているので、入れるだけ!煮物にもいいですし、漬け物を作るときに一緒に袋に入れておけば、一緒に食べることもできます。

きゅうり以外にも、大根や人参とも相性がいいですよ。また、パスタを茹でるときに塩の代わりに、ひとつかみ刻みこんぶを入れて茹でてみてください。ほんのり昆布の味がしみ込んだパスタに茹で上がります。その昆布は、パスタソースと和えて一緒に食べることもできますよ!和風パスタにおすすめです。

最後に、極細こんぶ。刻みこんぶよりさらに細くこちらは、0.8ミリの細さに刻んであります。子供たちは、そのまま「おやつ」として、どんどんつまみ出しますよ。また、ポン酢やドレッシングなどと和えてサラダにしたり、カルパッチョにしたり、マグロなどを醤油漬けにするときに一緒に入れると、より美味しくなります。極細なので、野菜や料理の水分で戻ってくれるので、本当に使い勝手がいいですよ!

個人的に美味しかったのが、「極細昆布×チーズトースト」!

香ばしい中にチーズのコクと、昆布のうま味が合わさって、あっという間に口に運ばれていきますよ!
このギフトセット中の昆布の種類は、変えられますので、贈答用で送る場合は、ナナクラ昆布様まで、ご相談ください。
ナナクラ昆布:http://nanakura-kombu.com/

私、北海道を離れてしまい、こちらに投稿を続けるのか迷っていたのですが、石川県のことも紹介していいよ!と、広い心で了承をいただいたので、引き続き投稿していきたいと思います。よろしくお願いいたします。