ダンスバトル“BRING DOWN”を見てみた

2016年3月9日 11:38 516 Views
授業の中に「ダンス」が入ってから、何年くらい経つんですかね? すでにダンスは習い事のひとつとして君臨しているのでは(笑) 私が子供の頃は、習字・そろばん・英語とか・・・ いやぁ、まったく時代が違いますね(苦笑) いまや教える立場の学校の先生の中にもダンススタジオに通っている方が多いと耳にします。 今回は5回目の開催となる『BRING DOWN』を初観戦。 photo979_2 バトルは2種類で、HIP HOPのソロと2ON2。 優勝したら賞金も出ます! ソロと2ON2は交互に予選→BEST16(HIPHOPソロのみ)→BEST8→BEST4→決勝戦と進んでいきます。 1分に満たない時間の中で、自分を出し切るのはとっても難しそう。 ましてや、自分のダンスジャンルに合った曲がかかるとは限らないわけで、それを勝ち進んでいくなんていうのはすごいなぁとただただ感心するばかり。 参加者の中にはたぶんまだ1年生にもなってなさそうなお子さんも! だけど、ちゃんとリズムとれてるからびっくりです。 すばらしい!! 観る方は、地べたに座ったり後ろに立ったりバトルのスペースをを空けて観戦。 ダンサーとの距離がめちゃくちゃ近く、時には足を踏まれることも! そりゃあもう迫力です。 photo979_3 バトルの合間にはダンスショーケースがあります。 バトルとは関係なく、数組のチームがダンスを披露します。 作り込んだナンバーはやはりすばらしいです。 こちらはステージで。 photo979_4 DJタイムもあります。 DJが次々に曲を掛け、フロアで踊るもよし、飲むもよし、曲の音量に負けずに話すもよし。 photo979_5 勝ち進むチームはやはり会場を沸かせます。 対戦チームとの距離もだんだん近くなり、まさに"バトル" photo979_6 8時間の長丁場も、こんな感じでダンスショーケースや抽選会、DJタイム、関西からのジャッジによるショータイムを挟み、あっという間に(あ、それはウソ・笑)表彰式。 ジャッジからは温かくも厳しい言葉、参加ダンサーはもちろん観ていたダンサーにも響いたのではないでしょうか。 札幌では、他にもダンスバトルが度々開催されています。 今回のようにお昼からのバトルだとお子さんも来易いですね。 是非一度観戦(もしく参戦)してはどうでしょう! いやぁ、一夜明けて今日はお尻が痛いです。 次回からは座布団持参かな(笑)
Web業務、もう嫌だ。大丈夫、シュシュがいます。
アバター画像

自由人

札幌生まれ、札幌育ち。でも札幌はまだまだ知らないことがたくさん溢れている街! 好奇心旺盛な私のワクワク・ドキドキな天然ボケ炸裂面白体験をUPしていきます。 住んでるだけじゃもったいない!札幌を楽しむお手伝いができたらうれしいです。

このライターの記事一覧
サツッターのTwitterはこちら