金井英明心のふるさと美術館に行ってみた

2018年5月1日 17:06 2,929 Views
アバター画像

サツッター編集部

ふと思い立って、街中の可愛い絵の美術館へ行ってみよう!と、スマートフォンで営業日かどうか調べた。あっ、やってる!通常は、美術館というものは、月曜日が休館日なものだが、ここは平日、午前10時半から、開いているのです。 先ずは、時計台の近くだったな、とそこを目指して、街中へ向かうことに。突然、鐘が大きな音で通りすがりに鳴り出して、あっ、いまお昼の12時なんだな、と分かりました。(笑) ファミリーマート、魚一心、とお店が続き、美術館の看板が見えてきました。ビルの3階に位置しています。 地下の飲食店街には、あの有名な人気のある韓国料理店、マビの台所も入っているのです。エレベーターで上に向かい、入ってみます。入場料は無料ですよ!お財布にとってもやさしい、ほっこりする場所です。

可愛い絵、沢山ありますよ!

優しい可愛い絵が、たくさん飾られています。 北海道の大自然と人々やこども達の暮らし、日本人の心のふるさとの風情を込めて描かれた田園風景画とのことです。 四季を感じる作品で、金井英明(グランパカナイ)の常設美術館。 ところで、余談ですが、正式には、ひであきというお名前なのですが、通称で、えいめいと呼ぶ方々も少なくないそうです。(笑) 恥ずかしながら、わたしも今にいたるまで、エイメイさんと、呼ばせていただいてました。(笑) 館内には、プチカフェもあって、奥にテーブルと椅子が2卓並んでいます。コーヒーは大好きなので お茶を飲んでひといきつこう!と、コーヒーを注文しました。

本格的なコーヒーに、感激‼

今からおとしますから、というお返事が。 インスタントコーヒーなどではなく、本格的なのですね。これは、お味に期待できます。 美術館内には、(田園風景画ギャラリーショップ)が併設されており、絵画を数々のアートグッズとして、販売されています。 100種類を越える絵葉書を始めとする、グラフアート、絵皿、壁掛けアート、メルヘンカード、便箋封筒、Tシャツ、トートバッグ、マグカップ等々の楽しいグッズが、ところ狭しと、並べられていますよ! 有限会社イルミナージュさんが、この美術館を、されているようです。 コーヒーが、運ばれてきました。女の店員さんが、レジの販売も兼ねていて、たいへん感じの良い方で、年に数回セールもするので、ご連絡したいという。コーヒーを飲んでいる時に、話しかけるタイミングと放っておいてくれる間の取り方が、絶妙な方でしたよ。 道民で持っている人がいる、道新ぶんぶんクラブカードで、美術館の商品は、五パーセントオフだそう。お得ですね‼わたしも作っちゃおうかな、と考えましたよ。(笑) すぐ目の前に、JR北海道バス、じょうてつバス、中央バス(さっぽろうぉーく)北2条西3丁目のバス停留所があって、アクセスもたいへん便利。JR札幌駅からも、徒歩3分ほどですよ。 穏やかな、可愛い絵画を見て、ほっこり心癒されに、みなさんもぜひ、足をお運びくださいね‼ ~金井英明心のふるさと美術館~ 有限会社イルミナージュ 札幌市中央区北2条西3丁目タケサトビル3階 営業時間;月曜日~金曜日10時半~6時 (土曜、日曜、祝日は定休日ゴールデンウィーク、お盆含む)
syushu inc.
アバター画像

サツッター編集部

サツッター編集部です。様々な記事を発信していきます。卒業したライターさんの記事もこちらになります。

このライターの記事一覧
サツッターのTwitterはこちら