毎月一日は釜揚げうどん半額の丸亀製麺に行ってみた

2017年7月5日 16:03 928 Views
アバター画像

サラリーマン・レーサー

仕事が休みの日。家でゆっくり過ごすのも悪くはないが、せっかくの休みに何もしないのもいかがなものか。せめてランチくらいは外で食べたいものだ。 そういえば、今日は1日だ。丸亀製麺の釜揚げうどんが半額の日だ。よし、行ってみるか。

毎月一日は釜揚げうどんが半額!

毎月一日が半額の日ということは知っていて、これまでにも何度もお世話になっている。 夏が近づき暑くなってきたため、豚しゃぶぶっかけやおろし系も気になる。 いや、今日ココに来た目的は半額の釜揚げうどんだ。惑わされんぞ。

本場「讃岐」の雰囲気を再現!

丸亀製麺は、今や言わずと知れた讃岐うどんチェーンの代表格。 本場「讃岐」の味、雰囲気づくりにこだわっているようで、製麺するところから揚げ物まで全て店内調理。 目の前で次々とゆで上げられるうどんたち。 食べなくても分かる、そのつるつるシコシコ感。 私は一度だけ讃岐うどんを本場で食べたことがあるが、店内調理・セルフスタイルは本場を感じられる雰囲気だ。 余談だが、「丸亀は讃岐うどんではない!」と否定的な意見も多々見られるが、私にとってそんなことは関係ない。 本場であろうがなかろうが、安く・美味しく・おなかいっぱいになるということで、自分自身が満足できればそれで良いのである。人によって満足感は違うわけだ。 「私を選んで!」と言わんばかりに並ぶ揚げ物たち。全部取ってやりたいのだが、そこはお財布事情も絡む。悩んだときはお決まりの「アイツ」を取るようにしているのだ。 他の揚げ物たち、許せ。

激安!釜揚げうどん(大)+かしわ天 合計330円!

釜揚げうどん(大)が390円・・・ではなく、半額の190円! そこに揚げ物の「アイツ」・・・かしわ天140円 合計で330円のランチとなった。 このかしわ天、15cmはあるだろうか。この手の揚げ物は衣でごまかされていることが多いのだが、丸亀の揚げ物はびっしりと詰まっている。このかしわ天だけでも満足できる。 おまけに、薬味のネギとしょうがは自由に取ることができる。 ワンコインでもおつりがきてしまう。これぞ、プレミアムファーストデーだ。 (ところで、プレミアムフライデーはどうなった?) 釜揚げうどんは半額とはいえ、もちろん味や量はいつもと変りない。 福岡の人間はコシのないふにゃふにゃの「博多うどん」が当たり前だと思っている。 もちろん、私もうどんは柔らかい食べ物だという認識だ。 初めて讃岐うどんを食べた時の衝撃は今でも脳裏に焼き付いているだけでなく、何度食べても衝撃的なコシである。なんだこのカタさは。ゴムかガムみたいだ。 博多うどんと比べる必要はない。同じうどんではあるが、全く別の食べ物という印象だ。 讃岐うどんもウマい。クセになる。 麺を食べきると、大サイズでは物足りなさを感じた。得サイズでもよかったかもしれない。 しかし、時間が経つにつれお腹が膨れてきた。さすが粉ものパワー。少し物足りないくらいがちょうどよい。 330円で釜揚げうどん(大)とかしわ天を楽しめる毎月一日、次はいつ来ることができるだろうか。 その日を楽しみに、仕事も頑張ろう。 ごちそうさまでした。
syushu inc.
アバター画像

サラリーマン・レーサー

2015年10月に福岡から移住してきたサラリーマン・レーサー。 2015年北海道クラブマンカップ ザウルスJr.クラス シリーズチャンピオン獲得。 モータースポーツ、鉄道、産業遺産、写真、グルメ、筋トレ・・・様々な視点から情報を発信します!

このライターの記事一覧
サツッターのTwitterはこちら