花・花・花の映えスポット天国!「花フェスタ2023」に行ってみた(1)

2023年6月26日 9:00 1,597 Views
アバター画像

肉体労働系淑女

6月〜7月は北海道の花最盛期。旭川や帯広などガーデン施設も最高潮の時期で、観光に訪れる方も多いと思います。もちろん札幌でも、花の見頃にピッタリ合致した祭典が行われています。大通公園の4丁目から8丁目までいわば「ジャック」したかのように花が溢れ返る、まるで天国のような祭典が大通り公園「花フェスタ」なのです。

花フェスタ 2023

会期 2023年6月24日(土)〜7月2日(日)
会場 札幌大通公園 4〜8丁目
URL https://www.hanafes-sapporo.jp/

どこを見ても花だらけ!

そもそもこの時期は1丁目から花で溢れ返る大通公園ですが、花フェスタは様々な「花業界」にまつわる企業や団体、学校などが一同に介して行われるビッグイベント。案外知らない方も多いのですが、札幌市民の方にはぜひ一度は体験していただきたいイベントです。

造園協会や高校が造成した花壇、フラワーモニュメントがお出迎えしてくれるスタートから、奥に進めばステージや、マルシェ、グルメなど最後まで飽きることなく楽しむ事ができるお祭りです。

今年のビジュアルイメージやポスターがとても可愛い!

4〜5丁目|高校生たちの努力とアイディアが光るガーデンコンテスト会場

4丁目から5丁目の噴水周りや歩道際には農業高校の生徒たちが考えて造成したフラワーモニュメントがずらりと並んでいます。

協賛している高校一覧。前日はたくさんの高校生たちが汗を流しながら造成していました

じっくり鑑賞して回りましたが、どの作品も本当に個性的で、キラキラしていて、パワーが溢れてくる。デザインやアイディアにも大人の考えるものとは違う光るものがあり、「へぇ!こんな飾り方もあるんだ!素晴らしい!」と思っています。刺激をたくさん貰えて、見ているだけで元気が湧いてくるような作品がいっぱい!

旭山動物園をテーマにしたラブリーな作品
立体的に空間を見せることで華やかさが際立っている
花とモニュメントのバランスが面白い
テーマに沿ってイメージを形にするのが上手

前日から、高校生達の造成風景をチラチラ眺めていましたが、一生懸命で、可愛くてかっこよくて。この暑い中若い子みんなが頑張っている、年のせいかその姿を見てるだけで、目が潤んでくるんです。記事を書いている今もちょっとウルウルしています。

造園会社の個性溢れるプロ作品も見応えあり!

芝生内には各造園会社の造成した花壇が展示されています。こちらはみんなプロの手仕事。少しの空間でそれぞれの技術とデザインがみっちり盛り込まれているので、とても面白い。コンテストなのでお互い切磋琢磨しながら素晴らしい空間を作っています。

エスコンフィールドを模した作品。芝の美しさが際立つ
使われてる資材と花のバランスが凄い

シンプルなデザインのものから、派手なモニュメントを造成して立体的に見せる作品まで、かなり個性的。

細かく区画分けされた花の配置の設定に感嘆
あえてグリーンの配色をすることでテーマを明確にしている

すべての作品を紹介したいのですが、実際に足を運んで体感して頂きたいので一部のみ紹介しています。

6丁目|飲食、ショップ、ステージなど盛りだくさん!フラワーカフェ&マルシェ

6丁目に入ると、ハイセンスなハンギングバスケットや寄植えがお出迎えしてくれます。

様々なプランターを使った夏らしいアレンジがたくさん
色合いや組み合わせがハイセンス!
豪華な印象のもの
自分で作ってみたい人にも使えるアイディアもたくさん

花フェスタには、様々なパターンで花を使いながら魅せる企画がたくさんあって、見応えがあります。

ステージには今年のコンセプトになっているイラストのオブジェが飾ってあるので、自由に写真を撮ることが出来ます。

今年のポスターデザイン
親子連れやカップルが写真を撮ってました

また、ステージの前にはベンチがあり、飲食店のブースがあるのでここでのんびり食事をしたり、ビールを飲んで過ごすことも出来ます。様々な飲食店があるので、お昼時には行列が出来ていました。こういうところで食べるものは、レストランとはまた違った楽しさや美味しさがありますよね。

食べ物だけではなく、胡蝶蘭や雑貨屋などのブースもあり、飽きることなく楽しめます。

行列がたくさんできていました
様々な地方からの出店があります
詰め物や乾物を販売する店も
胡蝶蘭専用のお店も人がたくさんいました
雑貨屋さんもあり、楽しい
木々の優しい木漏れ日の中で、みんな楽しそうに過ごしていました

ここまでが、花フェスタの6丁目までのレポートになります。ここまで来て「さて、帰るか。」となってしまう方がいるかも知れませんが、花フェスタはここから先の7丁目までしっかり楽しめる「花マルシェ」があります。話に聞くと「花フェスタで7丁目まで行ったことがない」という方、結構いるのですが実に勿体ない!なぜなら7丁目花マルシェには、北海道の有名園芸店の「個性派揃い踏み」ショップが一同に介しているのです。ここまで商品ラインナップの充実した店が集結するイベントは北海道ではここだけです。7丁目のショップレポートは次の記事でご紹介したいと思いますのでお楽しみに!

SNSだけで、ホントにいいの?ホームページ制作、お見積りします!
アバター画像

肉体労働系淑女

肉体労働系淑女です。酒(特に日本酒、ビール)と肉体労働系ガッツリ飯を愛しています。酒と仕事に呼ばれれば喜んで飛んでいきます。

このライターの記事一覧
サツッターのTwitterはこちら