【OMO5小樽 】小樽ビールで乾杯「小樽運河ビアクルージング」7月1日~8月27日の土・日限定開催!

2023年5月31日 11:00 110 Views
アバター画像

サツッター編集部

小樽のホテル「OMO5小樽」では、7月1〜8月27日までの土日限定で宿泊者を対象に「小樽運河ビアクルージング」が開催されます!小樽運河をクルージングしながら、船の上で小樽ビールとかま栄のかまぼこを楽しめるという企画です。秋はワイン、冬はこたつ、春はスイーツと四季ごとにさまざまな提案がおこなわれてきたOMO5小樽のクルージング企画。夏は小樽ビールとかま栄で小樽運河クルージングです。いいね。小樽大満喫!かま栄のパンロールはマジうまです。大好きです。(コメント:編集部 SHIHO)


小樽を楽しみ尽くす「街ナカ」ホテル「OMO(おも)5小樽 by 星野リゾート」は、2023年7月1日から8月27日までの土・日曜日限定で、小樽ビールを船上で楽しむ「小樽運河ビアクルージング」を開催します。今年は新たに、創業118年で地元民にも愛される「かま栄」のかまぼこをビールのおつまみとして用意しました。ビールと相性抜群のパンロール、えだ豆揚、季節のかまぼこの3種類を船上で提供します。当プログラム専用にテーブルクロスやクッションを設えた船で、レトロな街並みを眺めながら優雅なクルージングを楽しむことができます。

背景

小樽運河は年間16万人がクルージングを利用する人気観光スポットです。(*)当ホテルでは、この小樽運河の新しい楽しみ方として、秋は船上でワインを提供、冬はこたつ付きの船など、季節ごとに異なるプログラムを実施しています。夏はビールが美味しい季節です。小樽には、ドイツの伝統製法にこだわった小樽ビール、そしてビールのおつまみにぴったりのかま栄のかまぼこがあります。レトロな建物が立ち並ぶ小樽運河の景色や港町に吹く潮風を感じながら、小樽ならではのビールを楽しんでほしいという想いで当プログラムを開催します。
*データ参考:2019年利用者人数 合同会社小樽カナルボート 提供

小樽運河ビアクルージングの特徴

OMO5小樽の宿泊者限定の船を運航

通常、小樽運河で運航している船はベンチ席ですが、本プログラムではテーブル付の船を運航。ビールをゆっくりと楽しめるよう、テーブルクロスやクッションを船内に設えます。約40分間の乗船中は、爽やかな夏の風を感じながら、歴史的建造物が建ち並ぶ小樽の街並みを眺める、優雅なクルージングを楽しめます。

小樽運河沿いに醸造所がある「小樽ビール」で乾杯

船上では、小樽運河沿いに醸造所がある小樽ビールを楽しめます。小樽ビールは、ドイツからビール醸造のスペシャリストを迎え、1995年の醸造開始からドイツの伝統製法にこだわってビールを造っている醸造所です。当プログラムでは、小樽ビールの中でも、フルーティーな香りと爽やかな飲み口が特徴の「ヴァイス」を用意します。作り手のこだわりを、その土地で味わうことができます。

【NEW】小樽で創業118年!「かま栄」のかまぼこを味わう、おつまみセットが登場

ビールに合わせるおつまみは、小樽に本拠地を構えるかま栄のかまぼこ。職人が一つ一つ丁寧に手作りするかまぼこからは、創業118年の受け継がれた味と技術を感じられます。本プログラムでは、かま栄の看板商品であるパンロール、えだ豆揚、季節のかまぼこの3種類を、食べやすくカットして提供します。

【参考】株式会社かま栄について

1905年に小樽で創業し、北海道を代表するかまぼこメーカーとして100年以上の歴史を誇る株式会社かま栄。1番人気の揚かまぼこ「ひら天」はもちろん、スナック感覚で食べられるパンロールやマヨサンドなど、バラエティー豊かな商品が人気のかまぼこ屋です。職人により受け継がれた味と技術を大切にしています。
https://kamaei.co.jp/

「小樽運河ビアクルージング」概要

期間2023年7月1日~8月27日の土・日曜日
料金1名 4,840円(税込)
含まれるもの小樽運河クルージング、小樽ビール 1本(330ml)、かま栄のかまぼこセット
時間16:40~17:40
(OMO5小樽から小樽運河までの移動時間含む、運行時間 17:00~17:40)
定員10名
予約公式サイトにて当日15:00まで受付
対象宿泊者
備考提供するメニューは、仕入れ状況により変更になる可能性があります。
悪天候の場合は、催行中止となる場合があります。
syushu inc.
アバター画像

サツッター編集部

サツッター編集部です。様々な記事を発信していきます。卒業したライターさんの記事もこちらになります。

このライターの記事一覧
サツッターのTwitterはこちら