【函館朝市ミニ水族館】函館の冬の魚「ごっこ」の水槽展示と海中映像上映 2023年2月6日(月)~

2023年2月7日 8:00 229 Views
アバター画像

サツッター編集部

函館朝市にミニ水族館があるのをご存知ですか? 水槽4基で函館近海の魚や海の生き物を通年展示しているそうです。この冬の展示は、函館の冬の魚「ごっこ」。2月6日(月)から約1ヶ月間、展示されます。また、プロカメラマンが海中で撮影したごっこの映像を水槽横モニターで上映! 愛嬌あるなぁ、ごっこ。


一般社団法人Blue Commons Japanは、2月6日(月)より、函館の冬の郷土料理・ごっこ汁で函館市民におなじみの「ごっこ(正式名称:ホテイウオ)」の企画展示を函館朝市えきに市場内にて行います。 函館市内のスーパーなどで食材として販売しているのを見かけることはあっても、実際に泳いでいる姿を目にすることがない「ごっこ」。水槽での生体展示とあわせて、今回初の試みとして、函館市南茅部地区の海中で撮影した「ごっこ」の映像を水槽横モニターで上映します。この企画は、次世代へ豊かで美しい海を引き継ぐために、海を介して人と人とがつながる“日本財団「海と日本プロジェクト」”の一環です。

​映像について

函館在住のプロ水中カメラマンでDivingservice GruntSculpin(ダイビングサービス グラントスカルピン)代表の佐藤長明(さとうながあき)氏が撮影・編集した「HAKODATE GOKKO物語」(約10分間)。
海藻の森を泳ぐ「ごっこ」の姿や、オスの「ごっこ」が命がけで卵を守るシーン、愛らしい「ごっこ」の赤ちゃんの様子などが収められています。

展示概要

ごっこの展示期間2023年2月6日(月)より約1ヶ月間※延長または早期終了の場合あり
見学可能時間6:00~14:00(モニターの上映時間も同様)
会場函館朝市えきに市場(北海道函館市若松町9-19)
アクセスJR函館駅より徒歩2分
見学料無料、自由見学(予約・事前申し込み不要)

函館朝市ミニ水族館では、今回の「ごっこ」のほか、函館近海の魚や海の生き物を水槽4基で通年展示しています(水槽はいずれも幅120cm×高60cm)。
【2月6日現在の展示】ごっこ、アイナメ、ホッケ、シマゾイ、サクラマス、イシガレイ、ヤマメ、ムラサキウニ、ホタテガイ、エゾアワビ

参考:展示内容の紹介

「HAKODATE GOKKO物語」を上映するモニターと、水槽で泳ぐ「ごっこ」の姿を一緒に見ることができる

産卵のために函館近海の浅瀬にあがってきた「ごっこ」を捕獲し展示

SNSだけで、ホントにいいの?ホームページ制作、お見積りします!
アバター画像

サツッター編集部

サツッター編集部です。様々な記事を発信していきます。卒業したライターさんの記事もこちらになります。

このライターの記事一覧
サツッターのTwitterはこちら