「フランスベッド 札幌ショールーム」12月2日(金)山鼻エリアに移転リニューアルオープン!

2022年12月2日 17:00 393 Views
アバター画像

サツッター編集部

フランスベッド 札幌ショールームが、中央区南21条西9丁目の山鼻エリアに移転、12月2日リニューアルオープン!来館には事前予約が必要なようです。


フランスベッド株式会社(東京都新宿区、代表取締役社長:池田茂)は、より洗練された空間で、幅広くお客様のご要望にお応えするため、「フランスベッド 札幌ショールーム」(北海道 札幌市)を、12月2日(金)に移転リニューアルオープンいたします。

札幌ショールーム

「フランスベッド 札幌ショールーム」は開設以来、『上質な眠りとくつろぎ』をコンセプトに展開してまいりました。今回、移転リニューアルをするにあたり、札幌市中央区というアクセスの良さはそのままに、展示面積を2倍以上に拡大し、総展示数約100点の幅広い商品ラインアップでお客様をお迎えいたします。

約 220 坪のショールームでは、従来からお客様のご要望が高かった電動リクライニングベッドコーナーを充実させ、すべてのお客様にご紹介できるよう 1 階フロアーの入り口付近に設置しました。電動リクライニングベッドには珍しいダブルサイズのラグジュアリーな「ボステッソ」や機能性とデザイン性を追求した「グランマックスプレミアム」、医療・介護の現場でも利用されている「離床支援マルチポジションベッド」など、様々なタイプの電動リクライニングベッドをお試しいただけます。その他、フランスベッドの基幹商品である除菌機能を有した環境配慮型のマットレスやドイツの歴史あるソファメーカー「エルポ社」のソファ、羽毛布団や枕などの寝装品など厳選したアイテムを展示いたします。

ソファコーナー

また、社内資格を持つスリープアドバイザーが、背中のラインや身長、体重を計測し、理想的なマットレスの硬さや枕の高さを判定するフランスベッド独自開発の「寝姿勢測定機」を用いて、お客様一人ひとりに最適な寝具や睡眠環境をご提案いたします。

「フランスベッド 札幌ショールーム」概要

フランスベッド 札幌ショールームの特長

  • 展示面積を拡大し幅広いラインアップを展開
  • お客様のご要望が高い電動リクライニングベッドコーナーを充実
  • フランスベッド独自開発の「寝姿勢測定機」で一人ひとりに最適な寝具の提案

展示商品

ベッド約50点、リビングソファ約12セット、ソファベッド約3セット、寝装品他、全約100点

アクセス

<公共交通機関でのアクセス>
市電:東屯田駅より徒歩2分
石山通駅より徒歩3分
バス:札幌駅より定鉄バスにて約20分
札幌駅南口2駅前乗り場 南54・55線にて、南21条西11丁目駅下車 徒歩2分

<お車でのアクセス>
JR「札幌駅」から約20分 白石藻岩線電車通り沿い「土田病院様」隣
※駐車場はショールーム右隣「タイムス」をご利用ください。2時間無料チケットをご用意しております。

住所

北海道札幌市中央区南 21 条西 9 丁目 2-15  ラーピス南 21 条ビル 

札幌ショールーム
オープン日2022年12月2日(金)
営業時間10:00~18:00
定休日水曜日・木曜日、夏期休暇、年末年始
展示スペース約727㎡ (約220坪)

札幌ショールームでは新型コロナウイルス感染症拡大防止対策として、WEBサイトもしくはお電話からの事前予約制とさせていただいております。

ご予約はこちらから
https://interior.francebed.co.jp/showroom/detail.php?omn=10&ou=2

syushu inc.
アバター画像

サツッター編集部

サツッター編集部です。様々な記事を発信していきます。卒業したライターさんの記事もこちらになります。

このライターの記事一覧
サツッターのTwitterはこちら