至福のパンケーキ!札幌藻岩山麓の古民家カフェ「Café Blue本店」でランチを食べてみた

2022年4月14日 517 Views

サツッター編集長

藻岩山の麓、ロープウェイ付近にあるおしゃれな古民家カフェ「CaféBlue(カフェブルー)本店」。古民家をリノベーションした白い木造の一軒家カフェで、札幌では有名なパンケーキのお店です。

休日のリフレッシュに絶好のロケーション

市電ロープウェイ入口駅から歩いて数分。表通りから小道を入ったところの住宅街に佇む隠れ家的なカフェです。藻岩山の自然をすぐそこに感じられるロケーションと、リノベーション古民家の広々とした空間。時間がゆっくりと流れるような心地よさが、休日のリフレッシュにうってつけです。

カフェブルー本店 店舗外観
店舗の入口

大きな窓から光が入る、明るい店内

店内は広々としていて、大きな窓から光が入って気持ちいい。席同士の間隔もゆったりと取られています。小上がり席もあり、ちびっこ連れのファミリーがくつろいでランチを楽しんでいました。

外の光がたっぷり入る明るい店内
カメラが並ぶ飾り棚

食事系パンケーキで至福のランチ

パンケーキが人気のカフェですが、チキンとライスのプレート、ナポリタン、パスタ、ハンバーグプレートなど、食事メニューも意外と豊富です。空腹を抱えて目移りしながらも、やっぱりここはパンケーキを食べたい!ということで、ベーコンとウインナーの食事パンケーキを注文しました。

お食事パンケーキ。厚切りベーコン&ウインナープレート(スープ付)

ボリュームたっぷり!厚切りベーコンが大きなお皿に乗りきらずにはみ出ています。その上にウインナーが2つ。サラダもたっぷり。まあるくふっくらしたパンケーキが3枚重なって、上にはチーズと黒胡椒。思わず「わぁ…」っと声が出ます。

サッと焼かれたベーコンはナイフを入れるとスッと切れます。香ばしくジューシーで、塩気と脂気が絶妙。ウインナーは皮パリっと中ジューシー。パンケーキはほのかに甘く、ふあっふあです。ベーコン・ウインナーの塩気とほの甘いパンケーキの組み合わせがクセになります。「あま」と「しょっぱ」の無限リピート。サラダが箸休め的な役割になり、さっぱりしては、また、あまとしょっぱの繰り返し。
完食する頃には、おなかいっぱいになりました。

生クリームたっぷりのスイーツパンケーキも魅力的だけど、お食事パンケーキも美味しいですよ。

ゆったりと明るい空間でおいしいパンケーキをいただいて。ほのぼのとリラックスした休日を過ごせました。

店舗情報

CaféBlue(カフェブルー)本店
公式HP https://www.cafeblue.jp/
札幌市中央区南19条西16丁目9-12

サツッター編集長

サツッター編集長です。札幌の人たちの「やってみた」をできるだけたくさん紹介すべく裏方として奔走しています。時々、記事も書いてみます。

このライターの記事一覧
サツッターのTwitterはこちら