新規OPEN!とろける口どけとふわふわほっぺのような生わらび餅専門店「ほっぺ」のわらび餅を買ってみた

2022年6月3日 634 Views

SNSマーケター、カメラマンアシスタント経験、インテリアコーディネーター

本格派わらび餅は京都でしか味わえない…、なんて諦めていた方必見です。令和4年1月、東札幌に食感も体にもやさし~い生わらび餅屋さんがOPENしました!

賞味期限は12時間以内!? 無添加で作られたわらび餅

市販のわらび餅は、より多くの人の手に渡るためにどうしても安定剤の使用や冷凍工程があります。しかし、今回紹介する「ほっぺ」では、毎日練りたての“生食感”で提供しています。
保存料、着色料、ゲル剤、人工甘味料等の添加物を使用していないことから、賞味期限はなんと…12時間!!
素材や製法にこだわって作られた独自のわらび餅。だからこそ、このお味なんだなと実感しました。

購入時に同封されていた説明書。「豆知識➂」という事は、買う度に違う豆知識がもらえちゃう⁉

利便性抜群‼ 地下鉄東西線東札幌駅から歩いて3分

近くにイオンや野菜を安く売っている商店、有名なパン屋さんなどもあるのでお買い物のついでに立ち寄れちゃいます。
また、店舗は、道路沿いにこじんまりと佇んでおり、かわいいイラストの描いた看板が目印です。

店内は、コロナの時勢に合わせて1人ずつ入るルールとなっています。筆者は運よく2番目に並んで買う事ができました。通りがかりに結構並んでいるところを見たりするので、夏は日傘や冬はちょっとした防寒をして行くと、外で並ぶ際に辛くありません。
しかし、店内に入るとふわりと香る”きなこの香り”。それだけで並んでいた疲労は吹き飛んでしまうかと思います。

店舗外観。中にはズラリと色んな種類のわらび餅。

メニューの一部ご紹介

・ほっぺ生わらび餅【小】200g 500円(税込)
・ほっぺ生わらび餅【大】300g 750円(税込)
・抹茶わらび餅180g 540円(税込)
・黒糖わらび餅180g 540円(税込)
・紅茶わらび餅180g 540円(税込)
・ナッツわらび餅180g 540円(税込)
(2022年5月現在)

上記は、メニューの一部となっており、「飲むわらび餅」なんて気になるドリンクも!
記述した通り、メニューは盛りだくさん。後ろに人が並んでしまうと少し焦ってしまうかもしれません。なので事前に購入したい品に目星を付けておくとスムーズですね。
迷った時は、店主の方に聞いてみるのも1つです。

いざ実食‼ ふわふわ、ぷるぷる、とろけちゃう口どけ…

筆者が購入したのは、プレーンの生わらび餅。
まずは、素材そのままで味わいたかったのです。

パッケージは店舗看板といっしょでカワイイイラストが巻かれている

蓋を空ければ、きな粉の香りが食欲を掻き立てられ、市販のわらび餅からは想像もできないような柔らかさで積み重なっているのがわかります。

1つが約2人前を想定して作られているわらび餅のパック

待ちきれずに、いざ実食‼
ふわふわ、ぷるぷる、という食感から口の中で溶けていくのが分かるくらい柔らかい。これなら何個でも食べれてしまいます。現に、1パックは約2人前を想定して作られているのですが、1人でペロリ…。余裕で食べれてしまいました。

持ち上げてみると、どこまでも伸びていく柔らかさ

後から思えば、和食器に並べたり、緑茶などとオシャレにおやつ時間を楽しめばよかった…と思うのですが、その気持ちさえ逸らせてしまうほどの魅力があります。素材や製法など、こだわり抜かれた生わらび餅に対して”500円”は破格だと思いました。
現在はテイクアウトのみですが、ぜひおうち時間に楽しんでみてください。


「生わらび餅専門店 ほっぺ」
公式Instagram
札幌市白石区東札幌3条3丁目1‐25 ケイアイⅣ⁻1階
電話 011-301-1479
営業時間10:00‐17:00 月曜定休
駐車場なし ※地下鉄東西線東札幌駅から徒歩3分

SNSマーケター、カメラマンアシスタント経験、インテリアコーディネーター

渋谷から北海道に移住したおいしいものと映えが大好きなオタク。結婚を機に移住した北海道の魅力に取りつかれる。 建築デザイン科を卒業しインテリアコーディネーターを経験する。その後、建築業界や新規事業にて広報・PR担当として取材撮影・イベント企画・SNS運用を手掛ける。

このライターの記事一覧
サツッターのTwitterはこちら

新着記事

最新記事一覧へ