世界中から訪れた観光客をわかせた雪まつりも終わり、春が近づいてきますね。桃子です。
つい最近新聞でみた、内戦中のシリアアレッポでオリーブオイルから作られたせっけんを札幌で販売しているという「環境友好雑貨店これからや」の記事にピーンときて、ドニチカ切符を購入したのをこれ幸いと土曜日のよく晴れた週末、さっそくネットで場所を調べてお店へ向かいました。

地下鉄東西線菊水駅一番出口を出てすぐ右側、道2本目角の整体院を右に曲がると、少し歩くと、左手に、あ、ありました、民族調の店構え。
戸を開けるとジャ、ジャーン、真っ正面に 茶色の四角い固形石鹸、シリアアレッポのせっけんがうず高く重なって置いてありました。備え付けの小冊子を拝見すると今から1000年前から作られていたアレッポの名産品の一つであること。添加物や香料は一切使われていないこと。アレッポを代表する石鹸メーカーアデルファンサ社で作られていることが分かりました。お店の方のお話によるとこの会社は今ではトルコの方に移り、販売しているようです。なかなかアラブの製品は、売っているのは、市内で見かけることは珍しく、こうしたものにめぐり逢えたのは良い機会でした。

世界中にアンテナをはって、良い物を仕入れようという店側の意図がよみとれ、たのもしく思えました。
店内はこじんまりとして、様々な品々が並べられています。布の靴から、布ナプキン、ソイミート等々の食料品、調味料もたくさん、そして地球にやさしい歯みがき粉や洗剤などが見られました。これは!と手にとった品物は、大きいサイズのしらかばせっけんです!天然ヤシ油から作られた、とあり、食器洗い、風呂そうじと、住まいのおそうじにいろいろ使えるそうです。


かねがね有名なベルギーのエコベール、ドイツのフロッシュ等々、環境に優しい台所洗剤にたいへん興味があった私は、それっ!とばかりに飛びつき、即買いました。その他にも、東ティモールのマウベシ珈琲等々、第3世界、外国の人たちをしっかりと助ける質がよくすばらしい物がぎっしり詰まった環境友好雑貨店でした。皆さんもぜひ、地球に優しい生活をする一助に このお店に足を運ばれてみてはいかがでしょうか?!

環境友好雑貨店これからや
札幌市白石区菊水3条1丁目6ー12
地下鉄菊水駅1番出口すぐ
10時~18時
定休日;日祝・年末年始