【ボールパークFビレッジ】レストラン併設の複合型ベーカリー「TruffleBAKERY(トリュフベーカリー)」が北海道初出店!

2022年11月23日 17:00 85 Views
Avatar photo

サツッター編集部

いよいよ来年3月開業が近づいてきた北広島の「HOKKAIDO BALLPARK F VILLAGE(北海道ボールパークFビレッジ)」に、北海道初出店となる「TruffleBAKERY(トリュフベーカリー)」が運営するベーカリー・レストラン・カフェが一体化した複合型ベーカリーのオープンが決定!日ハム新球場はひやひやするニュースもありましたが、やっぱり完成が楽しみですね!


株式会社ファイターズ スポーツ&エンターテイメントは、2023年3月に開業するHOKKAIDO BALLPARK F VILLAGE(以下、「Fビレッジ」)に、昭和住宅グループ(本社:兵庫県加古川市/昭和住宅株式会社 代表取締役社長:湖中 正泰)による複合型ベーカリーをオープンすることが決まりました。運営は都内を中心にベーカリー事業「TruffleBAKERY(トリュフベーカリー)」を展開する株式会社ドレステーブル(本社:東京都中央区、代表取締役:丸岡 武司)が担い、フラッグシップ店として道内に初出店いたします。

コンセプト

「毎日食べるパンだから美味しい素材と少しの豊かさを」をコンセプトに掲げ、日常のパンに専門食材を組み合わせ多くのアイデア商品を発売してきたTruffleBAKERYが、新業態として北海道に初出店します。「TruffleBAKERY 北海道ボールパークFビレッジ店」は、ベーカリー・レストラン・カフェが一体化した新しい複合型店舗。レストランを併設した国内最大級のTruffeBAKERYフラッグシップ店となります。

Fビレッジを訪れる人はもちろん、地元住民の方にも日常的にお越しいただける、オープンで愛される複合型ベーカリーを目指します。

施設概要

名称TruffleBAKERY 北海道ボールーパークFビレッジ店
場所HOKKAIDO BALLPARK F VILLAGE
沢に面した南側エリア
内容レストラン(カフェ)、ベーカリー
面積583.74㎡
店内116席(テーブル2名席、4名席) 予約対応有、レストラン貸切応相談
営業時間ベーカリー9:00-20:00
レストラン10:30-21:00 (予定・通年営業)
開業時期2023年4月予定

ベーカリー

店内で毎日焼き上げられるパンは、北海道のエッセンスをふんだんに取り入れます。定番の白トリュフの塩パンも、北海道産小麦の品種別に焼き上げるなど、「ここでしか食べられない」味に挑戦します。製造現場の見えるパン工房には、ドイツ・ホイフト社の大型オーブンを設置し、焼きたてのパンの香り、オーブンの熱などパンづくりの現場を間近で体感いただけます。

ベーカリーイメージ
ベーカリーイメージ

ベーカリーレストラン

ミシュランガイド東京2019で一つ星を獲得したフランス料理店「Sincère(シンシア)」(東京・北参道)の石井真介シェフとタッグを組み、「Sincere N°(シンシアノード)」としてオープン。北海道の食をテーマに、地元食材を用い、身近な食材の美味しさや、新たな素材の楽しみ方を発見できるような料理をご提案します。美味しい食事はもちろん、ご家族やご友人と、空間にいる楽しさを感じていただける場を提供していきます。

ベーカリーレストランイメージ
ベーカリーレストランイメージ

石井真介氏 プロフィール

フレンチの名店「オテル・ド・ミクニ」(四ツ谷)、「ラ・ブランシュ」を経験し渡仏。本場の星付きレストランで修行を積み、2004年帰国。「フィッシュバンク東京」や「レストランバカール」のシェフを経て、2016年4月「Sincère 」をオープン。2019年ミシュランガイド東京にて一つ星を獲得。海洋資源と食文化を守る料理チーム「一般社団法人Chefs for the Blue」の中心メンバーとして、水産資源問題にも積極的に取り組む。

そのままで、ホームページ、大丈夫?
Avatar photo

サツッター編集部

サツッター編集部です。様々な記事を発信していきます。卒業したライターさんの記事もこちらになります。

このライターの記事一覧
サツッターのTwitterはこちら