【札幌プリンスホテル】クリスマスナイトをホテルで楽しむ期間限定ディナー

2022年10月29日 22:00 142 Views
Avatar photo

サツッター編集部

札幌プリンスホテル(所在地:北海道札幌市中央区南2条西11丁目、総支配人:泉水 誠之)では、ホテルでお楽しみいただけるクリスマスディナーを2022年12月23日(金)~25日(日)まで販売いたします。

今年こそは3年ぶりに行動制限を伴わないクリスマスを楽しめることを期待し、札幌プリンスホテルの4つのスタイルのレストランでは、シェフが厳選した食材を使用した期間限定メニューをご用意いたしました。
地上約100mから望む札幌の夜景を眺めながらディナーが楽しめるフランス料理 トリアノンでは、道産牛肉の周りにキノコとフォンドヴォーで作ったデュクセルを塗ってからパイ生地で巻き、オーブンで焼き上げた「道産牛のパイ包み焼き“ウェリントン”芳香な赤ワインソース」をメイン料理としたクリスマスディナー「聖夜を彩る エクラ ドゥ ノエル」をお楽しみいただけます。その他、ステーキハウス 桂の「クリスマスディナー賛美」は金目鯛、フォアグラ、神戸牛など贅沢な食材を使用し、ブッフェレストラン ハプナのクリスマスディナーブッフェではチーズファウンテンや牛もも肉の岩塩焼きなどをご用意し、クリスマスディナーに彩りを添えます。
コロナ禍でも大切なパートナーやご家族が安全で安心してお過ごしいただけるよう衛生・消毒基準「Prince Safety Commitment(プリンスセーフティーコミットメント)を策定したホテルで過ごすクリスマスをご提案いたします。

クリスマスディナーメニュー 概要

期間2022年12月23日(金)~25日(日)
場所フランス料理 トリアノン(28F)
時間ご予約2部制1部 5:00P.M./5:30P.M. または2部 7:30P.M./8:00P.M.のご案内となります。
料金聖夜を彩る エクラ ドゥ ノエル 1名さま ¥18,000
※料金には消費税が含まれております。別途サービス料10%を加算させていただきます。
クリスマスディナー「聖夜を彩る エクラ ドゥ ノエル」

~MENU~

クリスマス アミューズ・ブーシュ、キャビアを飾ったオマール海老と毛蟹のシャルロット 根セロリと菊菜のアクセント、下川町60酵素卵のココット焼き トリュフの“OKAKA”をのせて、コンソメスープと牛テールのクロメスキ、金目鯛のヴィエノワーズ ヴェルモットソース、道産牛のパイ包み焼き“ ウェリントン ” 芳香な赤ワインソース、抹茶とマロンのクリスマスツリー仕立て、パン、コーヒーと小菓子、グラスシャンパン付き

フランス料理 トリアノン(店内イメージ)

クリスマスディナー「賛美」グラスシャンパン付き

金目鯛、フォアグラ、神戸牛などの食材を使用したクリスマス限定メニューの鉄板焼きをグラスシャンパンとともにお楽しみいただけます。

場所ステーキハウス 桂(28F)
時間ご予約2部制  1部5:00P.M./5:30P.M. 2部7:15P.M./7:45P.M.のご案内となります。
料金1名さま ¥28,000
※別途サービス料10%を加算させていただきます。※3日前までの予約制

クリスマスディナー「聖夜菜譜」

道産食材を中心にクリスマス風にアレンジした中国料理を期間限定メニューでお楽しみください。

場所中国料理 芙蓉城(2F)
時間5:30P.M.~9:30P.M.(ラストオーダー 8:30P.M.)
料金1名さま ¥12,000

※別途サービス料10%を加算させていただきます。 ※2名さまより承ります。 ※3日前までの予約制

クリスマスディナーブッフェ

チーズファウンテンや牛もも肉の岩塩焼きをはじめ、ハモンセラーノなどクリスマスを彩るメニューをご用意いたしました。

場所ブッフェレストラン ハプナ(1F)
時間1部…5:00P.M.~、5:30P.M.~ 2部…7:00P.M.~、7:30P.M.~
料金1名さま おとな ¥6,000/小学生 ¥2,500/ゴールドエイジ(65才以上)¥5,800
幼児(4才~未就学) ¥1,500 /3才まで無料。

クリスマスディナーブッフェ付き宿泊プラン

期間2022年12月23日(金)~25日(日)
内容1泊朝食、クリスマスディナーブッフェ
料金スタンダードツインルーム
1名さま ¥14,719より(1室2名さまご利用時)
※料金には、消費税・サービス料が含まれております。

【ご予約・お問合せ】札幌プリンスホテル https://www.princehotels.co.jp/sapporo/

syushu inc.
Avatar photo

サツッター編集部

サツッター編集部です。様々な記事を発信していきます。卒業したライターさんの記事もこちらになります。

このライターの記事一覧
サツッターのTwitterはこちら