北海道厚真&積丹の共同企画!ハスカップジンリキュール「Honey Moon」誕生!

2022年9月7日 73 Views

サツッター編集部

厚真町のハスカップと積丹スピリットのジンが出会いスペシャルなハスカップリキュール「Honey Moon(ハネムーン)」が誕生しました。


手つかずの自然の中で育てられた積丹スピリットのジン「火の帆 – HONOHO – 」ブランドと生産面積日本一の厚真町産ハスカップが出会い、新たなマリアージュが誕生したことをお知らせします。
二つの花から一つの実をつけるこの果実の花言葉は「愛の契り」。ハスカップの日である七月七日の七夕から織姫と彦星が出会うように、スペシャルリキュール「Honey Moon(ハネムーン)」。
売上の一部を厚真のハスカップに寄付する「ハスカップ★ファンディング」も実施し、「消費は未来への投資」として循環型の行動を促進します。
オール北海道でつくられた想いを込めたお酒です!特別な日にどうぞ。

ハスカップと積丹のジン「火の帆- HONOHO -」の出会いから生まれたスペシャルリキュール「Honey Moon」

手つかずの自然の中で育てられた積丹スピリットのジン「火の帆 – HONOHO – 」ブランドと生産面積日本一の厚真町産ハスカップが出会う!
二つの花から一つの実をつけるこの果実の花言葉は「愛の契り」。ハスカップの日である七月七日の七夕から織姫と彦星が出会うように、スペシャルリキュール「Honey Moon(ハネムーン)」が誕生しました。

オール北海道でつくられた想いを込めたお酒です!特別な日にどうぞ。

織姫(ベガ)と彦星(アルタイル)の物語

七夕伝説で知られる七月七日は、ハスカップの日。今回、開発した「Honey Moon(ハネムーン)」は、七夕にちなんで織姫(ベガ)と彦星(アルタイル)の切なくロマンティックな物語をモチーフにデザインしたジンリキュールです。

甘酸っぱいハスカップがトップノートにふわりと香り、ミドルノートからは、アイヌの人々が森の女神と呼んだという「アカエゾマツ」の深いオレンジの香りを基調にしたボタニカルの世界へ。使用するボタニカルは、世界中から厳選。積丹の海風を含む野山を歩いて集めたこの土地ならではの強い生命力ある森の恵み、馬と耕すガーデンで大切に育てた植物をブレンドしています。

【 ボタニカル 】
アカエゾマツ(積丹町産)、エゾノカワラマツバ(積丹町産)、ジュニパーベリー、コリアンダーシード、アンジェリカルート、リコリスルート、カシアバーク、オレンジピール、レモンピール

心に炎が宿るような「火の帆 – HONOHO – 」の力強さをそのままに、女性も飲みやすい軽やかな仕上がりになりました。

こだわりの厳選素材

ドイツからやってきた銅製蒸溜機により蒸溜。

ハスカップの英名が、Honeyberry(ハニーベリー)というインスピレーションから、日本でわずか2%しか流通していない希少なハンガリー産の生はちみつを用いた旭川プロバレーボールチームの「VOREASアカシア蜂蜜」で、ほのかな甘みと美のエッセンスを加えました。天然・非加熱の生アカシアハニーは、砂糖に比べ身体への負荷が低く「G28」とお豆腐よりも低GI。抗酸化物質、酵素、ビタミン、ミネラルが豊富に含まれています。

宝石のように手間をかけて栽培、丁寧に収穫されるハスカップ。

皮のやわらかいハスカップは、初夏の短い期間にひとつひとつを手摘みで収穫するため、大変希少な果実。ビタミンC・E・カルシウム・鉄・ミネラル・食物繊維と栄養価が高く、アントシアニンがブルーベリーよりも多く含まれるため、眼精疲労の予防改善、高い抗酸化力によるアンチエイジング、血流改善が期待でき、まるでサプリメントのようです。

今回、原材料に用いたハスカップは全量、登録品種『あつまみらい』です。

食べていただいた多くのシェフやパティシエに、「ハスカップとして酸味と甘味のバランス最高」と絶賛されている品種を原料としてご用意いたしました。今回は、流通にのせられない規格を用意しましたが、正規品だとJA販売で1キロ4,000円を超えている最高級のハスカップです。

どこまでも碧く美しい積丹ブルー!「積丹スピリット」とは?

© Shakotan Spirit アカエゾマツの深いオレンジのような香りを基調に、北海道産・積丹町産ボタニカルからなる豊かな大地の蒸溜酒。

2020年に誕生した「火の帆KIBOU」は「東京ウイスキー&スピリッツコンペティション2022」において金賞を受賞。蒸溜酒は、火を使い余計な雑味を落とすことによって、ピュアな味わいが生まれるため別名「火の酒」と呼ばれます。

© Shakotan Spirit 積丹半島で毎年七月に行われる美国神社例大祭「天狗の火渡り」

積丹の人々の営みに深く関わる「火」。積丹半島は約200万年前に火山活動によって創られた半島で、美国神社では「天狗の火渡り」という伝統的な夏祭りが行われています。天狗である猿田彦と神輿が町を練り歩いてついた土地の穢れを、火の中を歩き祓いダイナミックに清めます。

原始の面影を現在に残す手つかずの自然、力強い大地の魂に火を灯し、追い風を帆に受けて世界へ、未来へ!そんな願いを込めながら。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ジン 火の帆 KIBOU BLUE 500ml
価格:6919円(税込、送料別) (2022/9/6時点)


クラウドファンディング
https://actnow.jp/project/honeymoon/detail

サツッター編集部

サツッター編集部です。様々な記事を発信していきます。卒業したライターさんの記事もこちらになります。

このライターの記事一覧
サツッターのTwitterはこちら