【セイコーマート】食用コオロギを使用したプロテインバーを北海道内32店舗で取扱いスタート

2022年8月19日 351 Views

サツッター編集部

近年話題の食用コオロギ。食用コオロギを使用したプロテインバー「C. TRIA プロテインバー」が北海道内のセイコーマート32店舗で8月22日より販売開始されます。セイコーマートが初めて取り扱う食用コオロギ商品だそうです。昆虫食、だいぶ身近になってきた感じがしますね。


徳島大学発のベンチャー企業として、食用コオロギに関連する品種改良・生産・原料加工・商品開発・販売を一貫して国内で行う株式会社グリラス(本社:徳島県鳴門市、代表取締役:渡邉 崇人、以下「グリラス」)は、国産食用コオロギパウダーを使用した自社商品「C. TRIA プロテインバー」を8月22日(月)よりセコマグループが展開するコンビニチェーン「セイコーマート」の北海道内32店舗にて販売開始いたします。

グリラスは、急激な世界人口の増加に伴い2025年から2030年に発生するとされる「タンパク質危機」と、現在先進国を中心に問題となっている「食品ロス」という2つの社会課題に焦点を当て、環境負荷の低いタンパク源である食用コオロギの普及を進めてきました。現在グリラスでは100%食品ロス由来の餌でコオロギの飼育を行っており、食用コオロギを捨てられるはずの食品ロスを新たなタンパク質へと循環させる“サーキュラーフード”と位置付け、食用コオロギ関連事業を行っています。

今回セイコーマートにて販売を開始するプロテインバーは、国産フタホシコオロギを粉末化した「グリラスパウダー」を使用し、タンパク質はもちろんビタミン類やミネラル類などのコオロギ由来の栄養素を手軽に摂ることができる商品です。本商品は2022年6月より都内コンビニエンスストアにて販売を開始しており、今回はグリラスでは初の北海道展開となります。また、食用コオロギを使用した商品の取り扱いはセイコーマートとしても初めての取り組みです。

販売店一覧

北海道庁店、ニッセイ札幌ビル店、道庁前北店、大通西5丁目店、大通店、南9条店、北2条店、北3条店、大通ビッセ店、時計台前店、大通バスセンター店、近代美術館西店、大通東2丁目店、テルウェル店、パセオ店、合同庁舎店、北7条店、北9条店、北34条ターミナル店、北海道大学店、地下鉄北12条駅前店、どもん店、デ・アウネさっぽろ店、二十四軒3条店、流通センター店、真駒内駐屯地店、新港南店、トヨタ自動車北海道工場内売店、上富良野駐屯地店、ニセコひらふ店、きごし店、香深店

食用コオロギ関連事業の背景について

2019年6月に国連より発表された報告書によると、今後30年で世界人口は77億人から97億人への増加が見込まれ、これに伴う食料問題への対応が喫緊の課題です。特に動物性タンパク質の不足は顕著であり、その解決策としてFAO(国際連合食糧農業機関)は昆虫食を推奨しています。昆虫は既存の畜産と比べてタンパク質の生成に必要な餌や水の量が少なく、限りある資源の有効活用が可能です。また温室効果ガスの排出量も少なく、環境負荷の低いタンパク源といえます。

一方で世界では年間約9.3億トンの食品ロスが発生しており、その量は全世界で生産されている食品の約3分の1に相当します。コオロギは雑食性のため餌の制限が少なく、グリラスでは食品ロス由来100%の餌でコオロギの飼育を行っています。これらの特徴からグリラスは、捨てられるはずの食品ロスを新たなタンパク質へと循環させることのできる食用コオロギを“サーキュラーフード”と位置付けて、食用コオロギ関連事業を行っています。

※食用コオロギ関連事業の詳細はこちら(https://gryllus.jp/why-cricket/

グリラスオリジナルブランド「C. TRIA」について

グリラスはサーキュラーフードをコンセプトとした自社ブランド「C. TRIA(シートリア)」を展開しています。これまでに「2021年日経優秀製品・サービス賞 日経産業新聞賞」を受賞した2種を含む商品を複数開発し、現在は小売向け商品として大判クッキーとプロテインバーをコンビニエンスストアにて販売しています。

サツッター編集部

サツッター編集部です。様々な記事を発信していきます。卒業したライターさんの記事もこちらになります。

このライターの記事一覧
サツッターのTwitterはこちら