アパートリノベーションのぬくもりカフェ「Cup 4 life」に行ってみた!

2018年12月26日 20:04 1,598 Views
アバター画像

一人旅エッセイスト

カフェに求める役割、というのは人によってだいぶ違うなぁと思うわけです。 こだわりのコーヒーを飲みに行く人、美味しいケーキを目当てに行く人、オシャレなランチを食べに行く人。 一人で本を読んだり作業をしたりするために行く人もいれば、気の置けない仲間とおしゃべりをするために行く人もいる。 訪れる時間帯も様々で、出勤前の忙しない朝だったり、まったりした昼だったり、仕事帰りで少しお疲れの夜だったりもする。 そうやって人々が自分の生活の必要に応じて求めてくるものに、カフェはそれぞれ「ちょうどいい」存在として役割を果たしてくれる。 ……なんだかちょっと、カフェが尊い存在だと思えてきませんか?

ちなみに、僕はカフェに年間100回以上行くんですが、そのほとんどの時間を一人で過ごしています。 きっと、同じようなスタイルの方も多いはず。 今回はそんな"同志"の皆さんに、一人でゆっくり過ごすのにとっておきのカフェを紹介します。 ぬくもりを感じる優しい空間で、素敵な時間を過ごすヒントになれば嬉しいです。

古いアパートをリノベーション!ぬくもりを感じるCup 4 life

旭ヶ丘エリアの環状通を少し内側に入った、閑静な住宅街。 周囲に立ち並ぶマンション群と見比べると、より一層自然の美が映える「あかしや公園」の向かいにあるのが、今回紹介するカフェ「Cup 4 life」です。 公共交通で行くなら、札幌市電の西線11条駅から歩いて10分ほど。 駐車場もお店所有のものが2台分あります(詳しくは、カフェのスタッフさんにご確認ください) お店に入ると、ショーケースに本日のスイーツがズラリ。 曜日や季節によってラインナップが変わるので、いつ行っても目新しい楽しみがあります。 秋にはマロンのロールケーキが出たり、クリスマスにはミルクレープが用意されたりと、心躍る限定メニューの存在も嬉しいところ。 先にお会計を済ませて、2階の席へ。 ミシッ、ミシッ、という木材の息遣いを感じながら、上っていきます。 このCup 4 lifeは、古くからあるアパートをリノベーションして作られたカフェ。 マスターこだわりの「本棚」を中心に据えた、木の温かみあふれる内装は訪れた人皆を癒やしてくれます。 外が暗くなり始める時間から存在感を増す、裸電球の輝きが個人的なお気に入りポイント。 18時までの営業時間中に日没する、冬期間だけのお楽しみです。

ユニークなドリンク・スイーツ

お楽しみのドリンクとスイーツ。 僕がこれまでにいただいたメニューを紹介します。 ◯バナナケーキ&紅茶 バナナケーキは、Cup 4 lifeの定番レギュラーメニュー。 芳醇なバナナの風味が香るケーキを温めて、生クリームとナッツを添えて提供してくれます。 この日は紅茶の気分だったのですが、コーヒーにもよく合うでしょう! ◯スパイスチョコマフィン&カフェオレ 一見普通のチョコマフィンですが、実はカルダモン・シナモンが入ったオトナの味。 他では食べたことのない味で、クセになります。 お店のInstagramによると、外国人のお客さんに人気があるとのこと…! ◯ロールケーキ&ホットココア カスタードクリームをたっぷり巻き込んだ、ずっしり系ロールケーキ。 少し小ぶりな見た目とは裏腹に、食べごたえ満点です。 3回目の訪問にして一番ヒットだったのは、実はこのお店のココア。 濃厚なクリーム感が生み出すとろみが最高で、とても贅沢な気分にさせてくれます。

カフェ巡りに季節は関係ないですが、季節ごとに「今しか楽しめない!」という要素はあると思います。 今だったら、窓の外の雪を眺めながら温かいドリンクをいただく、とか。 そんな風に「季節を楽しむための役割」を期待してカフェに行くのも、良いでしょう。 きっと、あなたにとってちょうどいい形で応えてくれるはずです。   【Shop info】 ◇住所:札幌市中央区南12条西20-2-22 ◇最寄り駅:札幌市電 西線11条駅 ◇駐車場:あり(2台) ◇営業時間:11:00-18:00 ◇定休日:水曜日
Web業務、もう嫌だ。大丈夫、シュシュがいます。
アバター画像

一人旅エッセイスト

#旅 #カフェ #コンサドーレ 25歳5ヶ月で47都道府県制覇。旅先で食べ歩いたご当地グルメは数知れず、おすすめ飲食店を聞かれればだいたいお答えできます。でも、一番好きな街はやっぱり札幌。愛する我が街の名を、コンサドーレの遠征先で叫んでいます。そんな27歳男子。札幌のカフェを応援するメディア「A Day in the Cafe」を運営中。

このライターの記事一覧
サツッターのTwitterはこちら

新着記事

最新記事一覧へ