BALMUDAで基本の食パン焼いてみた

2016年2月22日 15:00 298 Views
Avatar photo

自由なシングルマザー

先日、BALMUDAを買ってわくわく実験中のmaikaです! とりあえず焼いてみました、パンっ。 セブンイレブンに食パンを買いに行き、ちょっとリッチ系の金の食パンに目が行ったけれど、ここはあえてノーマルな食パンで試してみよう。 BALMUDAの威力を知ってみよう。 さてさて、最初に5ccの水を専用カップを使って入れます。 photo539_2 次にパンを入れます。 食パンは上を手前にして置くそうです。 photo539_3 説明書をちらり。 トーストモードの角食パン(常温)なので2.5~3.5分です。 photo539_4 私はしっかり焼けているほうが好みなので3.5分にしてみます。 photo539_5 カチッカチッカチッカチッ… なんともかわいいカチカチ音が鳴りました。 分数の光が点滅します。時間に合わせて減っていきます。 あ!!!スチームで小窓が白くなりました! photo539_6 赤くなったり暗くなったりを繰り返すこと数回… なんかわくわくするカチカチを繰り返す… そして普通のトースターじゃ出ない香りが充満してきます。 パン屋さんのようです。 ピピーっピピーっピピーっ!!!!!! photo539_7 キターーーーー!!!!! スチームが無くクリアな小窓になり、中がピカーンと赤くなりました。 右の時間の部分が花火のように点滅してフィニッシュ! 記念すべき第一号が焼けたようです。 photo539_8 手で半分に割ってみました。 photo539_9 耳サクッ中央フワッ… それではいただきます、かぷっ… !? photo539_10 なっ、なんじゃこりゃぁぁぁぁ!!!!!!!!!! 衝撃。焼き方でこんなに変わるの!?これ、変っ!!! 何もつけずそのままの、6枚切りで135円のパンのうちの1枚が、ウマスギル。 表面はカリッと焼けているのに、中がしっとりしていてパンの甘みがほんのりします。 普通のトースターならしっかり焼くと耳は硬くなりパサパサになるはずが、BALMUDAはならない! 耳はサクッと軽い食感、パサパサのポロポロ現象一切無し! 今まで食パンの耳を嫌がっていた息子も「あれ!?美味しい!」と驚きながら食べました。 バターやジャムをつけなくてもパンの味が美味しい。 食感が「すごい」という表現しかできない。 これは2万円超えても納得します、ほんっとに。 パンなんて焼ければいい、焼かなくても食べれるし。 って考えちゃいますが、これ食べたら変わります。 私は食に欲がなくて、朝いらない、昼は誰かといたら食べるけど一人なら食べなくていい、夜は酒にちょっとツマミあればいいタイプなんですが、BALMUDAで焼いたパンなら朝食べる~!って思いました。 微妙に不健康で気を抜くと病院送りになる体質なので、「朝は食べた方がいいとかわかっちゃいるけど無くてもいい」を卒業するきっかけになりそうです。 恐るべしBALMUDA! トーストモードの他に、チーズトーストモード、フランスパンモード、クロワッサンモード、クラシックモード(これはスチームを使わない)があるので、実験してみようと思います! バルミューダ スチームオーブントースター BALMUDA The Toaster
そのままで、ホームページ、大丈夫?
Avatar photo

自由なシングルマザー

生まれ育ち札幌。9歳息子と6カ月猫がいるシングルマザーです。 車、バイク、船の免許を持つアクティブ系。 料理や読書、物作りなどのインドアも好き。 趣味は車とバイク、釣り、写真、買い物、手芸、料理、DIY、読書、猫グッズ探し、デザインなどたくさん。 とにかくいつも何かを発見したり体験したり忙しい生き物です。

このライターの記事一覧
サツッターのTwitterはこちら