回転寿しトリトン1号店で北国の冬の幸を食べてみた

札幌に引っ越して7ヶ月。初めての雪国の冬をいやというほど堪能しております。札幌ってこんなに雪降るんですね!

さて回転寿しトリトンといえば、札幌市民なら知らない人はいないのではないでしょうか。
札幌に8店舗、そして東京ソラマチにも出店していて、そのおいしさは東京までも届いているほど。

その一号店が道東の北見にあるのです。数あるトリトンの中でもここは特別においしいというウワサを聞いてやってきました。

photo886_2

11時の開店前からすでに行列。さすが人気店です。
席に案内されると寿司職人さんのうしろにずらっとメニューが。他の回転寿しではあまり見ないメニューばかり。メニュー表以外にもたくさんあるんですね。

まず真たちの軍艦

photo886_3

「真たち」ってタラの白子のことなんだそうですが、北海道ならではの呼び方のようです。ひとくちでほおばると、濃厚でクリーミーな甘みが口いっぱいにとろけます。まったく臭みなし!ポン酢のジュレがまったりとした味わいの中にさわやかさを醸し出してます。最初の一貫目でもうかなりやられました。。

そして真いか きも柚子握り

photo886_4

新鮮な歯ごたえのある真いかの上に、キモに柚子を散りばめたソースがかかってます。イカはもちろんですが、このキモは新鮮じゃないとこうおいしくはなりません。潮の味に柚子のすがすがしい香り。そして照りの美しいこと!

たこの子軍艦

photo886_5

たこのタマゴってこんな形してるんですね。透明で不思議な食感でした。これも新鮮なタコが獲れるからこそのお寿司ですよね。軍艦はみんなそうですが、海苔の香りがいい!

そしてほたての天ぷら握り

photo886_6

塩とタレとひとつずつにしてくれました。
さくっと揚げられていて、中のホタテの歯ごたえがすごい。衣の中に香りとうまみが凝縮されて、一口噛むと鼻に抜けていくのがわかります。個人的には塩の方がホタテの味がしっかり味わえて好きでした。

こまいっこ軍艦

photo886_7

こまいという魚の卵だそうですが、とびっこよりも細かくて数の子みたいな味がしました。魚卵好きな私には、このつぶつぶ感がたまりません。初めての魚卵にわくわくしながら食べました。

最後にわかめ汁
他のお客さんが何人か注文していただけあって、これはおいしい。ワカメがたっぷり入ってシャキシャキでした。北海道産ではなく鳴門産ワカメですが、火の入れぐあいといいおいしいものを提供したい気持ちが伝わってきます。

photo886_8

ホント、さすが北海道ですね~。ウワサには聞いていましたが、回転寿しのレベルがハンパないです!

早い、安いだけでなく、おいしさも一流。大人気なのもわかります。

季節によって旬のお魚を取り揃えているそうなので、日にちを置いてまた行ってみたくなりますね!
【回転寿しトリトン 三輪店】:http://toriton-kita1.jp/shop/miwa/
■営業時間 11:00~22:00(ラストオーダー21:45)※2016/3/2時点