定山渓鶴雅リゾートスパ森の謌 温泉付きコテージに宿泊してみた

大変ご無沙汰しております、奥野秋奈です。
昨年の12月、初めて『定山渓鶴雅リゾートスパ森の謌』へ。私は温泉ひとり旅が好きなのですが、森の謌はお値段が立派で一人ではなかなか行く事ができず…。

今回は友人のお誘いで一緒に行く事になり、露天風呂付き客室に宿泊してきました。

5部屋限定の露天風呂付きコテージの種類は2タイプ

ナチュラルなデザインが可愛いお部屋の鍵

今回宿泊したお部屋は、5名定員の露天風呂付きコテージ(ツインベッドx2)。この他、3名定員のお部屋タイプもあります。
お部屋に入るやいなや、その広さと天井の高さには圧倒!そのほか、木のぬくもりがいっぱいの空間には、ホッと心が癒されます。

丸みを帯びた可愛らしいルームキーは首から下げられるように紐がついていて、紛失の心配もありません。

コテージ室内を大公開!!

思わずダイブしたくなる、ふかふかなベッド

寝室は一階と二階にあり、それぞれベッドが二台ずつあります。
一階は、目の前にはテレビがあるのでゴロゴロしながらくつろげます♪すぐ近くに露天風呂もあり、何度も自由に入りたい方にはおすすめです。

マッサージチェアーで極楽気分を

そして、ベッドのすぐ隣にはL字型ソファーとマッサージチェアーもあります。
このマッサージチェアーは一度座ったらどけられない。いや…どきたくない!それくらい心地よいです♪是非お試しあれ(^-^)

露天風呂用の脱衣所は部屋の外にあるのですが、なんと室内は床暖房が入っているではないですか!足元が暖かいので、冬は嬉しいですね。
ここまでサービスが行き届いたホテル今まで見た事ない!もう感動ものです!

なおバスタオル類はお部屋にはもちろん、専用脱衣所にもちゃんと用意されているのでご安心を。
忘れても部屋まで取りに戻る必要がないのがありがたい♪

客室風呂には珍しい洗い場付き

「露天風呂付き客室=メインのお部屋を出るとすぐ浴槽」というイメージかと思いますが、森の謌は脱衣所→洗い場→露天風呂と続きます。

いよいよ露天風呂へ♪

洗い場を出ると、ようやくメインの露天風呂が登場。
浴槽の外に木の棒があるので、入浴前に一度お湯を下からかき混ぜてください。冬は寒いので、一刻も早くお風呂に入りたいところですが…暖かさを全体にいきわたらす為にもやむを得ず。
熱さがもの足りない場合、壁にあるボタンで湧き出てくるお湯の温度調整ができます。

ホッとできるような落ち着いた空間の寝室

先述の通り、二階は寝室でベッド二台があるのみ。
ベッドの間に加湿器が設置されていて、乾燥するこの時期はすごく助かります。

バスアメニティは種類が豊富

北海道を代表する動物たちが描かれた可愛らしいボトル

とても明るい洗面所はすごく使いやすい上、広さも十分ありますので、朝の混み合う時間もストレスを感じる事は一切なし。

右側には様々なアメニティが勢ぞろい。女性には嬉しいオールインワンジェルをはじめ、ヘアスタイリング剤もありますよ♪これらは全て『森の謌オリジナル』で、売店で購入が可能です。

引き出しにもアメニティがいっぱい

なお、歯ブラシなどは引き出しの中に入っています。
ここまで揃っていると、本当に手ぶらできても問題ないですね!!今度は着替えだけ持って行こうかしら…( ̄▽ ̄)

森の謌は館内着にもこだわりが

サイズはいろいろ揃っています

温泉旅館といえばやっぱり浴衣、ですが…森の謌の館内着は作務衣となっています。からし色の作務衣と刺繍が施されたグレーの羽織。なんか色が北欧っぽくていいですね。
作務衣は少し手首が出るので、寒がりの方は中に一枚着ると良いかもしれません。

胸元の美しい刺繍にもご注目

羽織の胸元にあるデザインは…もしかして最近注目されているアイヌ民族の模様…でしょうか?
とても素敵な柄です。一緒にいた友人からも「かわいい!」と好評でした。

大浴場やお食事会場へは外の専用通路(屋根付)を通ります。冬は寒いのでクローゼット内にあるコートの着用をお忘れなく。

思い切りくつろぎたくなる森ラウンジ

パチパチと聞こえる焚火の音が心地よい

森ラウンジに行くといろいろなオブジェがあります。これは「森の循環」をイメージしたもので、それぞれにはきちんと意味があるのです。

例えば、緑のカーペットは「草と大地」を、暖炉を囲む大きな鉄製のオブジェは「木」を、上から絶え間なく降る水カーテンは「雨」を表現。

そしてここにも木のぬくもりがたくさんあり、まるで本当に森の中でくつろいでいるかのよう。

森ラウンジでの過ごし方はいろいろ。ライブラリーで心ゆくまで読書したり、横になってハープの生演奏に耳を傾けたり、暖炉前で焼きマシュマロを味わったり…。

ハープの生演奏は一日数回行われていて、チェックイン時にスケジュールを教えてくれます。タイミングが合う方は是非森ラウンジで一度聴いてみてください。すごく癒されますよ。

夜は、北海道の食材をふんだんに使用したバイキング。
海鮮あり、ステーキあり、なんでもあります!更には、自分でピザをトッピングして焼く事も。出来上がったピザはスタッフさんが席まで運んでくれます。

バイキングの楽しみといえば、もちろんスイーツも忘れてはいけません。アイスやケーキは種類が豊富で目移りするほど。
ここで満足するのもいいですが、ラウンジにもスイーツショップがあります。バイキングでちょこっと食べて、後はスイーツショップで食べるためのスペースを残しておくことをおすすめします。

では、最後にチェックイン・アウト時間と札幌市内からのアクセス方法のご案内です。

チェックイン/アウトは何時??

泊まる施設によってチェックイン時間が異なる

<通常>
・チェックイン→15:00~。
・チェックアウト→10:00。
<コテージ>
・チェックイン→14:00~。
・チェックアウト:11:00。

無料バスは1日3本

森の謌への車以外のアクセスは、以下の通りです。

【札幌駅発】路線バス
【真駒内駅】無料送迎バス(前日17時までに要予約)
真駒内駅のバス乗り場から出ているわけではなく、駅からすぐ近くの真駒内中学校グラウンド横からとなりますのでご注意ください。
札幌駅からは約1時間ちょっと、真駒内からは約30分かかります。

定山渓森の謌
TEL:011-598-2671
住所:札幌市南区定山渓温泉東3丁目192番地
HP: https://www.morino-uta.com/

森の謌は贅に贅を重ねた高級感あふれるホテルで、とても素敵な時間を過ごせました。
たまには自分へのご褒美に、森の謌へ宿泊してみてはいかがでしょうか。