【スシロー】北海道のラーメン3名店の味が集結!「らーめん信玄」「ラーメンの蜂屋」「函館麺厨房あじさい」監修 こだわりのラーメンが登場!

2022年11月19日 15:00 189 Views
Avatar photo

サツッター編集部

寿司屋の北海道祭でラーメン!? 回転寿司のスシローが北海道祭りの開催に合わせ、北海道の人気ラーメン店3店、「らーめん信玄」・「ラーメンの蜂屋」・「函館麺厨房あじさい」監修のラーメン3種が、全国のスシローで期間限定販売!


株式会社あきんどスシロー(本社:大阪府吹田市、代表取締役社長:新居 耕平)は、11月16日(水)から開催する『北海道祭』に合わせて、北海道のラーメン3名店「らーめん信玄」「ラーメンの蜂屋」「函館麺厨房あじさい」監修のラーメン3種を全国のスシローにて期間限定で販売いたします。

​スシローでは「うまいすしを、腹一杯。うまいすしで、心も一杯。」という原点に立ち返り、お客さまの声をカタチにし、お客さまのために今スシローができる精一杯を提供させていただきたいと考えております。

今回は、北海道の名店の味を全国のお客さまに召し上がっていただきたいという想いから、北海道の3名店に監修いただいた“みそ”、“しょうゆ”、“塩”のラーメン3種類をご用意いたします。

“みそ”は、北海道の札幌味噌ラーメンで有名な「らーめん信玄」監修、北海道ラーメンの定番であるもやし炒めやチャーシューなどをトッピングした「石狩 みそラーメン」です。スープは優しい甘さが特長の味噌に、クリーミーな豚骨エキス、あさりのコク、野菜のパンチを効かせています。

“しょうゆ”は、旭川ラーメンの基本形に影響を与えたと言われる老舗「ラーメンの蜂屋」監修の「旭川 しょうゆラーメン」です。豚骨と鯵節でとったWスープは、あっさりとしながらも、しっかりとした出汁の味わいをお楽しみいただけます。

“塩”は、函館ラーメンを代表する店の一つ「函館麺厨房あじさい」監修、深みのあるマイルドな口当たりのスープがこだわりの「函館 塩ラーメン」です。スープにはおろし玉ねぎ、おろし生姜を使用し、あっさりした中にも香味野菜の旨味や香りをしっかりと感じられるよう仕上げました。

ぜひこの機会にスシローで、北海道のラーメン3名店監修のこだわりのラーメンをご賞味ください。
※お持ち帰り専門店「スシロー To Go」、「京樽・スシロー」ではお取り扱いがございません。

 

商品概要

「石狩 みそラーメン」

■価格:420円(税込)

※販売期間:11月16日(水)~12月11日(日)
※販売予定総数64万食、完売次第終了。
※1日の販売数に限りがあります。
※一部店舗では、430円(税込)、450円(税込)でのご提供になります。
※お持ち帰り不可。

「らーめん信玄」とは

北海道内で2店舗を展開しています。石狩にある本店と、札幌・すすきの近くにある南6条店は、地元客にも観光客にも人気のラーメン店です。お店で提供される味噌ラーメンは、豚骨と野菜をじっくり炊き上げたスープに味噌を合わせた、まろやかなコクと優しい甘さのスープが特長です。じっくり手間をかけた味わいで、多くのお客様を魅了しています。

「旭川 しょうゆラーメン」

■価格:420円(税込)

※販売期間:11月16日(水)~11月27日(日)
※販売予定総数19万食、完売次第終了。
※1日の販売数に限りがあります。
※一部店舗では、430円(税込)、450円(税込)でのご提供になります。
※お持ち帰り不可。

「ラーメンの蜂屋」とは

「蜂屋」は昭和22年創業旭川の老舗ラーメン店で、魚介の旨みと焦がしラードが特長の醤油ラーメンをメインとする地元に愛されるラーメン店です。「蜂屋」の屋号は創業者の加藤枝直氏が蜂蜜を使用したアイスクリーム店を開業した際、“蜂は必ず巣に帰ってくることから、地元に愛され人が集うことを願い”店名を「蜂屋」としたことが由来です。

「函館 塩ラーメン」

■価格:420円(税込)

※販売期間:11月16日(水)~11月27日(日)
※販売予定総数19万食、完売次第終了。
※1日の販売数に限りがあります。
※一部店舗では、430円(税込)、450円(税込)でのご提供になります。
※お持ち帰り不可。

「函館麺厨房あじさい」とは

豚骨鶏ガラと天日塩を使った濁りのない透明な清湯(チンタン)スープと特注中細麺を使用した『味彩塩拉麺』が有名な創業80年以上を誇る老舗ラーメン店です。根強い地元の方のみならず、観光客にも人気を博し、今も日々進化を遂げ、ますます美味しく、愛され続けています。

※仕入状況により、販売を中断/中止または販売数が前後する場合があります。
※期間終了後も販売予定総数に達するまで販売を継続することがあります。
※写真はイメージです。

Web業務、もう嫌だ。大丈夫、シュシュがいます。
Avatar photo

サツッター編集部

サツッター編集部です。様々な記事を発信していきます。卒業したライターさんの記事もこちらになります。

このライターの記事一覧
サツッターのTwitterはこちら