北海道札幌市に広域行政BPOセンター開設、マイナポイント手続きリモート支援窓口業務を市内10か所で開始

2022年9月11日 82 Views

サツッター編集部

マイナンバーカード、作りましたか?


広域行政BPOサービスを提供する株式会社エスプールグローカル(本社:東京都千代田区/社長執行役員:佐久間雄介/以下、「エスプールグローカル」)は、札幌市に複数の自治体業務を受託するシェアード型のBPOセンターを開設し、マイナポイント手続きリモート支援窓口業務を市内10か所で開始しました。

マイナポイント手続きリモート支援窓口について

札幌市ではマイナンバーカードの取得率向上に向け、出張申請の受付会場の設置を進めていますが、より 一層の普及促進を図るため、この度、エスプールグローカルのオンライン窓口システムを採用し、同市内のイオン およびイオンスーパーセンター10店舗に、マイナポイント手続きリモート支援窓口を開設しました。これにより、札幌市内全10区でのオンライン手続きが可能となります。

オンライン窓口では、マイナポイントの手続きを自治体の窓口等に行かずに、店舗内で事前予約不要で行うことができます。土日および平日夕方など開庁時間外でも、ビデオ通話を通じて専用オペレーターによる遠隔 支援が受けられるため、行政手続きの利便性が大きく向上し、マイナンバーカードの取得率向上が期待できます。

BPOセンター札幌について

エスプールグローカルは、複数の自治体から同一の業務を集約して受託するシェアード型のBPOセンターを、主に人口10万以下の地方都市を中心に全国展開しています。

業務内容は、ワクチンの問い合わせ対応やマイナンバーカードの申請サポートなど多岐に渡り、これらの取り 組みは、広域自治体の DX(デジタル・トランスフォーメーション)の推進、および市の垣根を超えた効率的な広域行政アウトソーシングの新たな形として期待されています。このような中、同社では、全国10拠点目、政令指定都市では初となるシェアード型のBPOセンターを札幌市に開設することとなりました。

名称BPOセンター 札幌
所在地北海道札幌市北区北6条西1-4-2
ファーストプラザビル3F-A
開設日2022年10月22日(土)

サツッター編集部

サツッター編集部です。様々な記事を発信していきます。卒業したライターさんの記事もこちらになります。

このライターの記事一覧
サツッターのTwitterはこちら