水谷豊氏初監督作品「TAP THE LAST SHOW」を観てきた

どーも、どーも、ひっさびさに映画を観たサツポロミです。
あの、水谷豊さんが監督!しかもタップダンスの映画って!興味津々!
それがここ札幌で舞台挨拶付き先行上映があるっていうじゃない、タップダンスも観れるっていうじゃない!!
行くしかないじゃなーい!?(笑)

その名も「TAP THE PREMIUM NIGHT」、場所はキューブガーデン。表のポスター。
ラスト24分がなに? 気になる、ワクワク♪

ネタバレになるのでストーリーは書けませんが・・・脇のキャストが豪華です(笑)
主役はなんとタップダンサー。いや、あの、本物の。役者じゃなくて。
水谷監督は、俳優にタップをやらせたり、吹き替えを使ったりは考えなかったそうです。
それで、最初からタップダンサーのオーディションをして選んだと。
その他のタップダンサー役もタップダンサーで(ってややこしい・笑)
全員がほぼ演技経験がないっていうからビックリです。
だからこそ、タップダンスのシーンは凄かった!
いやぁ、ぐんぐん惹き込まれました。
昔、「TAP」という映画がありましたが、日本でこんな映画ができるとはね。
水谷監督の40年越しの夢だもの、半端なものではございません!

さて、上映の後は、お楽しみタップダンスショー!
タップダンス監修・振付・出演のHIDEBOH氏をはじめ、計9人のタップダンス。
揃った音は迫力満点!ステージが狭~い(笑)マジで“PREMIUM”

ショーの後は、待ってました!のトークショー!!
岸辺一徳さん、踊りながら(?)登場。
続いて水谷監督。役のようにステッキをついて・・・「今は歩けますよ」って。おちゃめ。
トークのラストは撮影許可が出ました、キャーー!!!

64歳ですって。
イメージ的には、「熱中時代」の頃と変わっていないような気がします。
そんなわけはないんだけど、、、(笑)

あら、やだ。この写真、目が合ってるわ、私と!


左から、HIDEBOH氏、ホスト役、箱入り娘役、タップダンサー役。
HIDEBOHさん、すごいシューズ覇いてました。
ゴールド?なんかすごい派手なやつ(笑)

お話を聞くと、それを踏まえてもう一回観たくなりました。
札幌での上映は、6月17日(土)から!待ち遠しいですね。

公式サイト
http://www.tap-movie.jp/