美唄発!北海道産じゃがいもフライドポテトとヴィーガンスイーツ&スムージーの『asombroso!』が江別蔦屋書店「食の棟」にて3月18日に新規オープン

2022年3月15日 19:30 696 Views
アバター画像

サツッター編集部

おしゃれショップが集まる江別蔦屋書店に、「北海道産ジャガイモ」のハンドカットフライズ(フライドポテト)とヴィーガンスイーツのお店『asombroso!』が3月18日、新規オープン!


アソンブロッソ北海道(株)(本社:美唄市西3条南5丁目8-1、代表取締役:齋藤誠輔)はハンドカットフライズ(フライドポテト)とヴィーガンスイーツを専門としたasombroso!を江別蔦屋書店「食の棟」にて3月18日に新規オープンします。

弊社は2019年にキッチンカーからハンドカットフライズとヴィーガンスムージーの販売を開始しました。同年「旭川テック横丁」に出店をするもコロナにより8ヶ月で閉店。コロナの悪影響を受けながらもキッチンカー販売を続けてきました。現在はフランチャイズキッチンカーを名古屋と東京で展開。提携店として「シルバニア森のキッチン」でもハンドカットフライズを提供しています。コロナによる悪影響を乗り越え、待望の実店舗が北海道に誕生します。

代表の齋藤はニュージーランド滞在時に味わったフライドポテトに衝撃を受けました。そこから「北海道産ジャガイモ」と「この衝撃的な味わい」を掛け合わせたら、生産者もお客様も笑顔にすることができる。そのような思いからハンドカットフライズが生まれました。より多くの方に喜んでいただけるようにヴィーガンにも対応。新店舗ではヴィーガンスムージーやスイーツ、ランチやディナーにも対応した料理をご用意しております。

ハンドカットフライズとヴィーガンスムージー
米粉パウダークッキー(ヴィーガンスイーツ)

アソンブロッソ北海道㈱は北海道の「食と農」を結び、人を良くする「食」体験をお客様に提供していきます。

店舗メニュー

陰と陽コンボ

陰と陽コンボ

「陰と陽コンボ」揚げ物であるハンドカットフライズは「陰」。その他スムージー・サラダ・ドレッシング・スイーツはヴィーガンで作られるため「陽」。プラントベースやヴィーガンの方にぜひ食べて頂きたい。ヘルシーだけどちょっとジャンクなプレートとなっています。

タコライスコンボ

タコライスコンボ

「ハンドカットフライズとタコライスコンボ」ハンドカットフライズの1,2位を争うメニューのミートソースが使われたアソンブロッソ自慢のタコライス。もちろんハンドカットフライズも味わえるコスパ最強のプレートです。江別蔦屋書店限定メニューです。

Vegan Sweets(ヴィーガンスイーツ)

ローケーキ
オートミールクッキー(チョコ)

ヴィーガンスイーツでは、主な原料として、砂川産中道ファームの80%減農薬のゆめぴりかの米粉を使用しています。さらにこの米粉はカーボンオフセットにも取り組んでおり、環境にもやさしい食材となっています。

また、小麦・白砂糖も一切使用せずに作られるため、心身にもやさしいスイーツとなっております。店舗ではデザートプレートも数量限定で販売致します。

ハンドカットフライズ(フライドポテト)

ハンドカットフライズ(オリジナル)

asombroso!(アソンブロッソ)のハンドカットフライズ(当店ではフライドポテトをこう呼びます)は、生産量日本一の北海道で採れたじゃがいもしか使用しません。昨今、私たちが普段口にするフライドポテトのほとんどは、外国産の既製品。「北海道産じゃがいもの良さ」と「アソンブロッソのオリジナルの製法」により本当に美味しいフライドポテトが実現。それを多くのお客様に提供したいという想いとこだわりが詰まっています。北海道のじゃがいも農家さんと協力をして、北海道のみならず全国に、さらには海外にハンドカットフライズをつたえていきたいです。

店舗情報

asombroso!江別蔦屋書店
2022年3月18日グランドオープン
TEL/FAX:011-375-6988(2022年3月17日開通)
Mail:ebetsu@asombroso.jp
ホームページ:https://www.asombroso.jp/
オンラインストア:https://asombroso.official.ec/
インスタグラム:https://www.instagram.com/asombroso.hokkaido

SNSだけで、ホントにいいの?ホームページ制作、お見積りします!
アバター画像

サツッター編集部

サツッター編集部です。様々な記事を発信していきます。卒業したライターさんの記事もこちらになります。

このライターの記事一覧
サツッターのTwitterはこちら