【数量限定】「サッポロ クラシック 春の薫り」4月5日から北海道で発売。北海道産ホップ「フラノマジカル」による爽やかな味わい

2022年4月6日 17:30 350 Views
アバター画像

サツッター編集部

北海道限定ビール「サッポロ クラシック」の春バージョンが数量限定で販売開始!見かけたら即買い!


サッポロホールディングス(株)のグループ企業であるサッポロビール(株)は昨年に引き続き、本年も北海道の旬のおいしさをお届けするクラシックシリーズ「サッポロ クラシック 春の薫り」を4月5日に北海道エリアで数量限定発売します。

本商品は、北海道産ホップ「フラノマジカル」を一部使用した、北海道の春を感じる味わいの、春限定クラシックです。近年クラフトビールなどで人気のホップ品種の特長とされる香り成分のうち、トロピカル、グリーンなどを感じさせる成分に着目して当社が育種、選抜し、2021年に品種登録(注1)されたばかりの「フラノマジカル」は、マスカット、マンゴー、カシスなど多彩な香りをあわせもち、芳醇な香りが特長です。その特長的な香りに関する研究論文は、海外の学会誌でも発表されています。(注2)

パッケージは、鮮やかなグリーンを背景に北海道産素材を一部使用していることを訴求し、6缶パックは北海道の広大な土地に咲く芝桜を連想させるデザインで彩り、北海道の春を演出しました。

当社は、サッポロ クラシックを通じて、生まれ育った北海道に感謝の気持ちを込めて、これからも北海道の皆さまに北海道で暮らすしあわせを提供し続けます。また創業期より続く原料へのこだわりを継承し、微量分析などの基礎研究、ホップ品種の育種・開発から商品開発までの一連の取り組みを通じて、香りで楽しんでいただけるビールの魅力を提供していきます。

(注1)国内品種登録番号:28606「フラノK906901060号」。
(注2)自社育成ホップ品種「フラノマジカル」の開発とその香りの特長に関する論文、および、このホップを「遅摘み」することによる香り成分の変化に関する論文を、本年1月と2月に海外の学会誌に発表しました。

サッポロ クラシック 春の薫りについて

商品名サッポロ クラシック 春の薫り
パッケージ350ml缶、500ml缶
品目ビール
アルコール分5%
純アルコール量350ml缶:14g、500ml缶:20g
発売日・地域2022年4月5日・北海道限定
参考小売価格オープン価格
中味特長北海道産ホップ「フラノマジカル」による春らしい爽やかな味わい。
販売計画4万1,000ケース(大びん633ml×20本換算)

サッポロビールの原料へのこだわり

サッポロビールは創業期より 「選りすぐりの原料だけで、おいしいビールをつくる」という信念のもと、 “畑”から徹底的にこだわり、原料の研究を続けてきた歴史があります。現在でも“大麦とホップ、両方の育種を行い、協働契約栽培する世界で唯一のビール会社”として原料の研究に情熱を注ぎ続けています。
「育種」とは、優れた品種同士を交配して、さらに良質の品種をつくるクリエイティブな研究開発です。
https://www.sapporobeer.jp/company/quality/detail022.html

「フラノマジカル」の特長的な香りに関する研究論文について

論文1:「球果に4MSPを豊富に持つフレーバーホップ品種フラノマジカルの育成」(注3)

ホップはビールに特長的な香味を与える重要な原料ですが、原料のホップとそれを用いて醸造したビールの香味の差が大きく、評価のためには実際にビールを造る必要がありました。当社では独自に考案した、ビールになった時の香味を予測できる煮沸液官能評価法 (注4)を用いて、香りに特化した品種選抜を可能としています。
当社で長年育成してきたホップ育成系統をこの手法で評価したところ、その中に強い果実香、特にブドウ・カシスという特長が突出していたものがありました(図1)。この品種で醸造したビールにもトロピカル、グリーンなどを感じさせる成分4MSP(4-メチル-4-スルファニルペンタン-2-オン)が多く含まれ、マンゴーのようなトロピカルな香りが強く感じられました。当社独自の分析法(注5)でこのホップに含まれるチオールを測定してみると、80~136μg/kgの4MSPを含んでいました。これは、現在世界をリードするアメリカのフレーバーホップ品種シトラ(37~114μg/kg)等とならび世界最高水準であることが分かりました。
今回見出したホップは、1990年から品種育成を始めたものの一旦選抜落ちし、約20年間、長らく畑の片隅でひっそり育てられ、特段目立たない存在でした。しかし新しい方法で評価し直したところ、世界有数の強力な果実香を付与する力を持っていることが分かり、日本、EU、アメリカで品種登録を行いました(注1)。これまでの日本のホップ品種にはなかったその香りの不思議さから「フラノマジカル」と名付けました。
(注3)鯉江ら(https://doi.org/10.1002/jsfa.11828
(注4)鯉江ら(https://doi.org/10.1094/ASBCJ-2016-3664-01
(注5)特願2014-51923「チオール化合物及びスルフィド化合物の定量方法」

論文2:「ホップ品種フラノビューティ、フラノマジカル、カスケードにおける「遅摘み」の効果」(注6)

近年世界的にも、特長的な香りを持つフレーバーホップ品種が数多く育種されています。当社では、4MSPだけでなく、グレープフルーツや白ワインのような香りを持つ3S4MP(3-スルファニル-4-メチルペンタン-1-オール)にも着目して研究を進めており、これらの成分がフレーバーホップで醸造したビールの香りに与える影響について調査してきました。チオール3S4MPはニュージーランドのホップ品種ネルソンソーヴィンの白ワインのような香りのメカニズムを解明した当社の研究で新たに発見した香り成分で(注7)、分析の困難さから世界的にも研究例の少ない成分です。

サッポロビール育成品種の「フラノマジカル」と「フラノビューティ」と世界的によく使われているフレーバーホップ品種「カスケード」を用いて、収穫時期を標準的な45日から最長で85日まで遅らせたホップ球果のチオール量を分析しました。すると、収穫時期に応じて4MSPは横ばい~低下するものの、3S4MPは数倍に増加することが明らかとなりました。その「遅摘み」ホップを用いて醸造したビールでも3S4MPの含量は数倍に増加しており、ビールの官能評価でもグレープフルーツや白ワインのような香りが強くなっていました。
「遅摘み」はワインでは糖度を上げる栽培法としてよく知られていますが、ホップにおいては白ワインのような香りを何倍にも増やせる栽培法であることが今回の研究でわかりました。
(注6)上本ら(https://doi.org/10.1021/acs.jafc.1c08210
(注7)蛸井ら(https://doi.org/10.1021/jf8034622

<参考>サッポロ クラシック ブランドサイト https://www.sapporobeer.jp/classic/

<消費者の方からのお問い合わせ先>
サッポロビール(株)お客様センター
℡ 0120-207-800

syushu inc.
アバター画像

サツッター編集部

サツッター編集部です。様々な記事を発信していきます。卒業したライターさんの記事もこちらになります。

このライターの記事一覧
サツッターのTwitterはこちら