2021年侍ジャパン監督・稲葉篤紀(現・北海道日本ハムファイターズGM)の著書『活かして勝つ』が発売。東京オリンピック激戦の裏側と、球界の常識にとらわれない「チーム作り」のイノベーションを語る

2022年4月4日 37 Views

サツッター編集部

株式会社中央公論新社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松田陽三)は2022年3月31日、東京オリンピック野球日本代表「侍ジャパン」監督の稲葉篤紀さん(現・北海道日本ハムファイターズGM)の著書『活かして勝つ 金メダルをつかむチーム作り』を発売いたします。

2021年に開催された東京オリンピックで37年ぶりの金メダルを獲得した野球日本代表チーム。監督就任以来どのように侍ジャパンのチーム作りに取り組んできたのか、その舞台裏や秘蔵エピソードを稲葉氏が自ら語った1冊です。

2017年、プロ野球チームの監督経験のないまま野球日本代表監督に就任。コーチ陣の組閣や選手選考にも様々な声が寄せられたが、信念は揺るがなかった。

そして国際大会で勝利を積み重ね、21年夏には激闘の末、金メダルを獲得する。
「結束」を掲げたチームで行われた代表選手たちの能力を存分に活かす起用法、モチベーションを高める接し方など、歴史的勝利に至る4年間の足跡を語りつくす。

『活かして勝つ』目次

まえがき
第一章 代表監督就任から五輪まで
第二章 決戦へ
第三章 出会った監督たち
第四章 侍ジャパンの関係者に聞く
第五章 〈対談〉監督という役割 井上康生
あとがき
付録 代表選手一覧 試合データほか

本書「まえがき」より 稲葉さんの言葉

野球でいえばチームの勝利が最大の目標になりますが、企業や学校、地域の中での「チーム」には、それぞれ「監督」がいて、「選手」がいて、目指すべき「勝利」があるはずです。皆で勝利を目指そうとする様々なチームの方が、東京五輪までの野球日本代表「侍ジャパン」の戦いぶりから少しでも何かを感じていただければ幸いです。

ご購入はこちら(Amazon)からどうぞ

著者について

稲葉篤紀 (いなば あつのり)

東京オリンピック野球日本代表監督
1972年愛知県生まれ。中京高校(現・中京大学附属中京高校)、法政大学を経てドラフト3位で95年にヤクルトスワローズに入団。2005年に北海道日本ハムファイターズへ移籍。07年に首位打者、最多安打のタイトルを獲得。ベストナイン5回(外野手)、ゴールデングラブ賞5回(外野手4回、一塁手1回)選出。12年に通算2000安打を達成した。

14年に現役引退後、15年に北海道日本ハムファイターズのスポーツ・コミュニティ・オフィサー(SCO)に就任。日本代表では選手として08年北京オリンピック(4位)、09年ワールド・ベースボール・クラシック(WBC、優勝)、13年WBC(4強)に出場した。17年7月から野球日本代表「侍ジャパン」監督を務め、19年プレミア12で初優勝、21年8月東京オリンピックで金メダルを獲得。同年10月、北海道日本ハムファイターズのゼネラルマネージャー(GM)に就任した。

書誌情報

書名『活かして勝つ 金メダルをつかむチーム作り』
著者名稲葉篤紀
発売日2022年3月31日
価格本体1600円+税
ISBN978-4-12-005517-1

ご購入はこちら(Amazon)からどうぞ

サツッター編集部

サツッター編集部です。様々な記事を発信していきます。卒業したライターさんの記事もこちらになります。

このライターの記事一覧
サツッターのTwitterはこちら