【無印良品】スープカレー3種が新登場!11月10日より北海道で先行発売!

2023年11月3日 13:00 163 Views
アバター画像

サツッター編集部

無印良品で、人気のレトルトカレーシリーズに、スープカレー3種が新登場。11月10日(金)より北海道で先行発売!11月29日(水)より全国で販売されます。とんこつと和風だしのクリーミースープカレー、クミンと赤唐辛子の鶏がらスープカレー、カルダモンと青唐辛子のスパイシースープカレー。どれも野菜がごろごろ入っています。とりあえず全種類買う。(コメント:編集部 SHIHO)


無印良品を展開する株式会社良品計画(東京都豊島区/代表取締役社長 堂前 宣夫)は、人気のレトルトカレーのシリーズに、新たにスープカレー3種をラインナップに加えます。スープカレー発祥の地である北海道で11月10日(金)より先行発売し、11月29日(水)より全国の無印良品およびネットストアで発売します。

良品計画は、「感じ良い暮らしと社会」の実現に向けて日常生活の基本を支えることを目指し、日々の暮らしを豊かにする商品を提供しています。食品においては、食の楽しさとおいしさをお届けするべく、地域や生活スタイルの変化に合わせて商品を企画・販売しています。「世界の食文化に学ぶ」ことをテーマの一つとし、各国・各地域に赴き、開発に生かしています。今回は日本のカレー文化に学び、北海道発祥のスープカレーを発売します。

だしとスパイスが効いた、野菜がごろごろ入ったスープカレー 

無印良品ではインドやタイなど本場に学んだ世界の味や、家庭の味などをお手本に約60種類のレトルトカレーを発売しています。スープカレーは、日本で独自に発展したカレーの一つで、だしとスパイスが効いている点が特長です。鶏肉や豚肉の他、大きくカットした野菜が入っており、食べごたえがあります。今回発売する商品は、チキンやとんこつの畜肉系のだしと、こんぶや煮干しなどの魚介系のだしを組み合わせたスープカレーです。これまでインドやタイで学んできたクミンやカルダモン、クローブ、唐辛子など複数のスパイスを組み合わせて入れることで、味に深みと奥行きを出しています。スパイスの使い方を研究し、多種多様なレトルトカレーを販売している無印良品ならではの味です。

素材を生かした とんこつと和風だしのクリーミースープカレー

とんこつとチキンの畜肉系のだしと、こんぶや煮干し、かつおぶしの魚介系の和風だしを使用したクリーミーなスープが特長です。爽やかなバジルの風味もアクセントになっています。具材には、鶏肉や大きくカットしたじゃがいも、人参、うずらの卵、ヤングコーンが入っています。

素材を生かした クミンと赤唐辛子の鶏がらスープカレー

鶏がらスープとこんぶだしを使用したコクがありながらも、すっきりとしたスープが特長です。クミンの清涼感と赤唐辛子の辛さがアクセントになっています。具材には、豚ばら肉や大きくカットしたじゃがいも、レンコン、人参が入っています。

素材を生かした カルダモンと青唐辛子のスパイシースープカレー

チキンやこんぶだしをベースに、スパイスの香りが引き立つスープが特長です。カルダモンの香りと青唐辛子の辛みがアクセントになっています。具材には、鶏肉、大きくカットしたじゃがいも、レンコン、人参、ごぼうが入っています。

商品ラインナップ

syushu inc.
アバター画像

サツッター編集部

サツッター編集部です。様々な記事を発信していきます。卒業したライターさんの記事もこちらになります。

このライターの記事一覧
サツッターのTwitterはこちら