こんにちは
早すぎる雪に困惑しているkeroriです。

今年は10月末から雪が降り、11月はもう冬景色になっています。
この時期の積雪は11年ぶりだとか…(道新情報)
東京はまだ、少し肌寒いくらいの気候でした。

今回は最近、利用が多い「ジェットスター★」を案内いたします。

LCC 航空券(千歳→成田)の賢い買い方!

photo2501_2

国内往復1万円程度で行けちゃう「 Low Cost Carrier 」LCC 。
最安値は片道980円で利用したことも(笑)
初めて利用したのは5年程前の今は運航していない「エア アジア」。当時は第2ターミナルの発着で、待合室はプレハブ、飛行機に搭乗するためにバスを使うこともあり、不便なこともありました。現在は第3ターミナルができ、仮設的な感じはありますが、斬新な新築の綺麗な待合室にフードコート、コンビニ、店舗もあります。
搭乗までは距離がありますが、バスに乗ることはなく本当に便利になりました。

photo2501_3

まずは、購入・予約のポイントです。(千歳—成田の場合)


【1】最安値をチェック!
日時がはっきり決定していなければ目的地への最低運賃を最安値のグラフでチェックしてみましょう。
2名以上で予約する場合でもまずは1名で検索してみて下さい。
2名だとなぜか料金が高くなることがあります。座席が離れてしまいますが、有料で席を選ぶこともできますので。

【2】 往復または片道を選択
運賃+税金・諸費用 380円+支払手数料(カード払いは 860円)の合計金額が1名・片道ごとに請求されます。
迷ったら、まずは片道を選択!料金は変わりません。

【3】 次に時間を決定
早朝便が最安値ですが、空港への交通機関と時間に注意して下さい。
早朝の時、ホテルが高い、時間が不安な時などは、バスと温泉がセットになるお得な「大江戸温泉物語ご優待割引プラン」という方法もあります。

【4】運賃を選択
stater運賃は機内持ち込み手荷物7kgまでです。
お土産、買い物などをするとオーバーする可能性があるので受託手荷物15kg 1,550円〜の有料を選択するか、ちゃっかり・しっかりの料金プラス運賃もあります。
予約後の追加料金は割高になりますので気をつけて下さい。先日も搭乗前に重量確認していました。
手荷物をホテル、空港から自宅に宅配してもらうと急ぎでなければ楽々で便利です。(値段は確認して下さい)スーツケース1個、クロネコで1,500円くらいです。

【5】到着後の移動手段も検討
成田から東京八重洲口までのバス予約で通常1,000円が900円の追加購入もできます。


順番に進めるとこのような感じでしょうか。
予約が成立した後は携帯でチェックインができ、QRでそのまま搭乗できる便利な携帯アプリをダウンロードすることをおすすめします。
運行状況やお知らせもあるので、急な変更も確認で便利です。

photo2501_4

画像出典:Jetstar公式サイトより

新千歳空港の出発、搭乗と到着は9月末から以前と反対側の国内線ターミナル2F南に移転されました。
検査場が1箇所なので、毎回長蛇の列。時間に余裕を持って早めに搭乗することをおすすめします。

成田空港からの移動手段は?

photo2501_5

到着は成田空港第3ターミナル。こちらは出口を進むと交通の案内もあり便利です。
交通機関を選んで目的地へ向かいます。

バスは東京方面20分間隔くらいで60〜70分(銀座・東京駅)
第3ターミナルから出発しています。
⚫︎東京シャトル 当日1,000円 予約 900円
⚫︎THEアクセス成田 予約不要 1,000円

第2ターミナルから京成電鉄で
⚫︎スカイライナー 2,500円位(上野)40分程
⚫︎アクセス特急 1,300円位(上野・品川方面—羽田空港)60分程

電車、JRはターミナル第3から第2へ移動します。
徒歩で行ける通路もありますが結構距離があるので、5分間隔くらいの無料バスが便利です。バス乗り場は出口に案内があります。
復路、第2Tから第3Tへの移動の無料バスは第2Tのバス乗り場中央のバス停24番です。
第2Tにはショッピングモールや飲食店、ラウンジもあるのでこちらで時間を過ごすのもよいでしょう。

photo2501_6

photo2501_7

ジェットスターに限らず、LCC をお安く利用するポイント!

「ジェットスター」「バニラエア」「peach」この3社の最安値を確認。
往復を1便ごと別会社にしても、どの会社も購入の1件ごとに運賃以外の手数料は別途加算されるため料金は同じです。
LCCはセールの時は激安ですが、通常でもお安く利用できます。
最安値を見つけてお得な分、おいしいものを食べたりして旅行を楽しんで下さい。

Peach の成田、関西空港はターミナルが違うので、要確認です。

冬のお出かけで不便なのが交通機関の運休と飛行機の欠航です。
でも、飛行機に関しては 羽田発着 より 成田発着 の方が実は欠航になる確率が低いんですよ!
羽田空港が欠航でも、成田空港は運行していることが多々ありました。
今までで、成田発で千歳が吹雪で欠航が1度だけ。
今年の春先、沖縄に行くため羽田空港を利用した時は、濃霧で飛行機が着陸できず、予定変更の旅行になりましたが、成田発着は通常運航していました。
LCC利用歴5年程、往復で100回以上は利用している、あくまでも晴れ女のkeroriアンテナ情報ですが参考になれば嬉しいです。

第3ターミナル情報はまだまだあります!次回のLCC のおすすめをお楽しみに!

※ 記事内に記載の料金等は2016年11月時点の情報です。

ジェットスター
http://www.jetstar.com/jp/ja/home

成田空港
http://www.narita-airport.jp/t3/jp/index.html
京成成田バス
http://www.keiseibus.co.jp/kousoku/nrt16.html
THEアクセス成田
http://accessnarita.jp/
京成電鉄
http://www.keisei.co.jp/keisei/tetudou/skyliner/jp/nrt_access/index.php#access

大江戸温泉物語ご優待割引プラン
http://daiba.ooedoonsen.jp/other/flight02.html