こんにちは。そひたんです。
前回から引き続き美術(?) 巡りです。
ハイキュー!! アニメ原画展を見てきました。
オタクな主婦なんです。笑
明らかに中高生がいっぱいな中に大人2人で挑んできましたよ!(主人も道連れです。ふふ。)
原画の撮影は禁止ということで今回も写真はほぼ無いです。
ポスターは大丈夫そうだったので撮影してきました。

photo1639_2
↑お隣で『よつばと!』からフィギュアまで出ちゃった人気のダンボー写真展も開催されていました。

他にキャラクターのパネルと呼ばれる展示コーナーなんかも撮影オーケイでしたが掲載は著作権に引っかかりそうなので、こっそりと私のデジカメに収めるのみとしました。
主人に冷やかされながら。「ノヤっさんと2ショット撮ってあげようか?!」とか、うっさい。
確かに原作コミックを買っているのは私だがアニメを録画してまで見ているのは自分のくせに! もう!!
まあ、原画展とか行くタイプじゃないし中高生の女の子がいっぱいな状況にも戸惑っていたのでしょう。
うん、きっと無理やりテンション上げてくれていたのだろうなあ。
今思い出すとそう思えますが、その時はホント黙ってほしかったです。笑。

しかし、『ハイキュー!!』という漫画は割りとがっちりと少年向け(タイトルもまんま排球なくらい)なのですが女の子に人気あるんですね。面白いものにあんまり性別って関係ないのだなとつくづく思いました。
原画展の楽しみ方としては、数人できて「これあの場面だね」なんて言いながら見るのがいいかな。と思います。もちろん静かに見たい方もいるので余り騒ぐのは良くないですが多少は楽しみの範囲なんじゃないかな。少なくても私が見に行った日はみんな賑やかにしていました。どうしても女性が集まると騒がしいんですよね。ひとりでのんびり見たい方は平日の遅い時間なんかに行くのがいいかもしれません。

今回のハイキュー展は終わってしまいましたが、他の原画展でもそんな感じなのじゃないかと思います。
以前に行ったことのあるシャフトの原画展は男性がほとんどで年齢層も高かったせいか休日の日中でも比較的静かだったかな。でもおしゃべりがまったく許されないとか、そんな事はなかったですよ。

今回、見てきた感想としては実際にアニメとしておこす動きをつけた原画の他に俯瞰というか別の角度から見た動きの画がたくさんあったのが珍しい感じがして面白かったです。
『ハイキュー!!』は漫画とアニメでかなり見せ方が違っていると私は思っていて、その辺が原画にも現れているのかと思いました。
あとはご飯がいちいち美味しそうでした。原画は原画でも設定よりの絵なのか、から揚げのタレの指定なんかも書き込まれていて食いしん坊には辛かったです。よく写真やテレビでおいしそうなものを見るとお腹が減るのですが絵でも減りますね……。

絵、そのものだとキャラクターの表情なんかがはっきり見られるのが楽しかったですね。
画面の端っこに映っているキャラクターなんかがミニキャラで描かれているのも面白かったです。

サードシーズン早く来ないかなあ。なんて主人と話しながら休憩です。
ラストはにゃんこに向かいます。うきうき。

ハイキュー!! アニメ原画展 http://www.haikyu-gengaten.com/