皆様、夫婦でサツッターのライターをさせていただいております、「マスオ。&のんのん」です。
のんのんがまたもや「懸賞」に当選し、それにあやかり美味しい思いをすることができましたので、共同執筆でご紹介させていただきます!
では、本題に参りましょう!(前回の懸賞当選記事はこちら

懸賞でカタログギフトが当たった!

1月のある日、「カタログギフトが届いたよ~」とのんのんが言ってきました。
カタログギフトと言うと、最近では結婚式の引き出物として使われたり、節目節目のご挨拶で相手方に好きなものを選んでいただけるように使ったりと、何かと出会う機会が多いツールの一つとなっていますね。

聞くところによると、福岡の有名スーパー「ハローデイ」さんと、♪コーヒーギフトは~♪のCMでおなじみの「AGFさん」のコラボ企画で募集されていた懸賞の商品だったようです。

数多くある商品の中から「ザッハトルテ」を選んだらしく、その理由は「マスオ。の誕生日とバレンタインが近いから、まとめて渡せるから」とのこと(笑)

嬉しいような切ないような・・・いや、懸賞を当ててくれた上に数ある商品の中から私のことを考えて「ザッハトルテ」選んでくれたことを思うと感謝感謝です。

DEMELのザッハトルテが素敵すぎた

私の誕生日前日に「DEMELのザッハトルテ」は我が家にやってきました。

DEMELについて簡単にまとめてみると、

1786年にオーストリア ウィーンで創業した歴史ある由緒正しき菓子補で、かの有名なハプスブルク家の紋章がDEMELのロゴだそうで、ウィーン王宮御用達の菓子補とのこと。

詳細は公式HP等をご覧ください。
http://www.demel.co.jp/

想像以上に美しい梱包に期待が高まります!

リボンをほどき、包装紙を開けると・・・

桐箱?のような箱が出てきました。ケーキが桐箱に入っているとは予想もしていなかったため、これには純粋に驚きました。
箱を開けると、さらに包装紙が。

なんだか、箱を開けるとさらに小さい箱が入っているというコントでもやっているかのような厳重な梱包です(笑)

そして、この包装紙を開けると・・・

ついに、DEMELのザッハトルテが顔を出しました!

調べてみますと、日本にDEMELの店舗はあるようですが、日本においてザッハトルテは通常は販売していないようです。
バレンタインの時期にのみ特別に販売されるということのようで、これはとても貴重な品物のようです。

DEMELのザッハトルテは幸せの味がした

表面のチョコレートは硬くしっかりしており、普通にナイフを入れてはバキバキに割れてしまいます。
そこで、温めたナイフを使い表面のチョコレートを溶かしながら切り込みを入れていく作業が必要になります。

美味しく頂くためには見た目はとても大事な要素になりますしね!

表面のチョコレートに上手く切り込みを入れると、あとは苦労せずに切れます。
そして、切れたザッハトルテの断面がコチラ↓

しっかり詰まっていますし、見るからに濃厚。食べる前から既においしいことが分かります!

ここで、さらにおいしく頂くために乳脂肪のホイップクリームを作り、ザッハトルテにかけます。

ただし、ザッハトルテの甘さを邪魔しないよう、クリームには砂糖を入れません。
さっぱりめのクリームとします。

絡みやすいようにクリームは柔らかい状態で流しかけました。

甘くなくさっぱりとしたクリームが甘~いザッハトルテと絡み、ちょうどよいバランスとなりました。重く感じやすいザッハトルテもペロッと食べることができます。

そして、このザッハトルテに組み合わせるコーヒーはグァテマラにしました。
濃厚チョコレートにはグァテマラが合います。

お金がかからず美味しいものがいただけるというのはとても素敵なことですね!

DEMELのザッハトルテ、なかなか出会う機会がないかもしれませんが、これはおススメできる一品です☆

皆様も、機会があれば購入してみてはいかがでしょうか?

もしくは、懸賞に挑戦して美味しいものでも当ててみませんか?!